〈独白する三兄弟が超怖い〉
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真藤順丈、新刊!!
こんばんは、お松です!

七日じゃ映画は撮れません七日じゃ映画は撮れません
(2014/02/28)
真藤 順丈

商品詳細を見る


つつつつ、ついに出ますね!!!!
なんだよもう、ジュン、順丈このやろう!!!

このあいだタイトル訊いても「いやぁ……、ちょっと恥ずかしいナァ
とか妙にカマトトなこと云って全然教えてくれなかったんだけどまた案の定これ、
グッと来るタイトルつけてんじゃないの!!!

例によって彼がウンウン脂汗と冷や汗を全開の混合栓のように流しながら、
頭のてっぺんからは塩辛いにおいのする湯気を濛々とたちのぼらせながら
映画に対するあふれんばかりの想いを刻み込んだ入魂の一冊!!!

ヤツはこと映画に関しては、師匠に負けず劣らず尋常ならざる思い入れがあるんです!!
一体どんな話なんでしょうか。奥さん、必読ですよ!!!!


しかも帯があの宇多丸さんって、すごいなぁ……!!
全然関係ない話してごめんなんだけど俺、
デビュー前にRhymesterの「プリズナー No.1,2,3」を聞いてなんか全身に物凄い鳥肌立って
しかもその鳥肌がいつまで経っても引かなくなって吐きそうになって
「あっ、これはだめだ」「俺このままだと死んでしまうかもわからん」と思って結局
本気で物書きになることに決めたという経緯がありました突然ですが正味の話。

デビュー前って、デビューとかホントにできるのかなぁって思うじゃないですか実際。
だからくじけそうになるたびに何百回も延々その曲を聞いて、
物凄い奥歯噛みしめてギリギリ云いながらモニタ睨んでたのを思い出します。
たまにテレビとかで「人生を変えた●●」とかってあるとかって云いますけど、
それは流石にちょっと大げさだよなぁ人の一生ってそんな一瞬で変わんないよなぁとか
思いながら見てしまいがちでしたけどよく考えたら俺自身間違いなく、
Rhymesterのあの曲で人生変わった気がします。
すごい。
心から感謝しています。


この本には一体、どんな連中のどんな人生が描かれているんでしょう。
そしていったい、どんな転換をとげるのでしょう。

2月28日発売、真藤順丈待望の新刊『七日じゃ映画は撮れません
ボチンッ、とご予約のほどをお願い申し上げます!!!!!!
スポンサーサイト
年の瀬ですね
みなさんこんにちは、お松です。
今年ももう終わりですか。一年てのは早いですねホントに。
コーインがヤノゴトーシですね。
あるいはインコーがトーシヤノゴですね。よくわかりませんが。

……えっ?
いや、仰りたいことはわかります。
お気持ちは重々わかっておりますので、
それはそれとしてとりあえず、僕に宣伝をさしてください。

まずは宣伝をさしてください。
どうかひとつ。

ふたつみっつ。

 ※ ※ ※ ※

名称未設定 2

「超」怖い話ベストセレクション 奈落 (竹書房文庫)

ワタクシ不詳お松、デビューから今年でそろそろ、えー、
何年なのかちょっとすぐにはわからないんですけども、
たぶん7年とか8年とかではないかと思うんですけども、
そんなこのお松が『「超」怖い話』シリーズで毎年発表して参りました
沢山の怪談話の、これ、ベスト版が発売になっております!

今回は主にデビュー初期の『「超」怖い話 Ι(イオタ)』から初編著の『同 Ξ(クシー)』まで、
およびロールシャッハ名義での「超-1」投稿作品群を『怪-コレクション』の1~3巻から、
そして丁度30ページの書き下ろしを収録しまして、全65話となっております。

もう頭から尻尾の先まで、松村進吉だけが詰まっております大丈夫なんでしょうか?
本当に読んでくれる人がいるんでしょうか?!

とりあえず今読み直しますといろいろと、懐かしい感じもしております。
現在と明らかに文体が違っているのも多いですハハッ。ちょっと恥ずかしい。
一体どこの誰に聞いた話だったのか思い出せなかったりするものまであります。
これはイカンなと思うんですが、いかんせん数を重ねておりますもので、
まあその、いろいろとオツムに不具合も出てきておりまして、面目次第もございません。

ともあれよかったらひとつ、読んでやってください!
何卒宜しくお願い致します!



幽 Vol.20 2014年 02月号 [雑誌]幽 Vol.20 2014年 02月号 [雑誌]
(2013/12/16)
不明

商品詳細を見る

ほいで、いつもの怪談専門誌『幽』には、
「セメント怪談稼業」第三回が掲載されております。

特集は怪談文芸アメリカン。
東編集長ご自身による、クトゥルーファンの聖地グラビアや
第八回幽文、第五回実話コンの結果発表も載ってます。
いやあ、これの審査員の先生方の選評が毎回ホント、
読んでると真顔になる俺ですが、ハハハ、いやァ怖い怖い

 ※ ※ ※ ※

さて、まあそんで今年一番ショッキングだった本と云えば、
ワタクシとしては当然、コレな訳です。

FKB ふたり怪談 肆 (竹書房ホラー文庫)FKB ふたり怪談 肆 (竹書房ホラー文庫)
(2013/10/29)
平山 夢明、福澤 徹三 他

商品詳細を見る


事件でしたね。
これは完全に事件でした。まさかの二大巨頭、しかも帯は京極先生……。
こんなの出して、これから先どうするんだという声も
少なくない量、僕の耳に届いておりますがホントどうなるんでしょう。
まあシリーズ中の別冊的なポジションというか、ボーナスというか、
こういう構成の本でなきゃこんなコンビはそうそう見られませんから、
なんか今回は得したねということでいいような気もします。



「ふたり怪談」の立ち上げには、ちょっと僕としてはトラウマレベルの思い出があり、
折角の年末ですのでそういう話も放り込んでおくと年末感が出るので
この際ぶっちゃけたところを書いていきましょう。

二年前、諸般の事情により新シリーズの単著を始めろと云われたワタクシ、
「しょうじきもうひとりでやるのツラいからあるじとふたりで書かして」とお願いしましたところ、
コンビでやるというのも良いねという方向で話がとおりまして、
嗚呼よかったこれでのんびり書こうと思っておりましたところに突然、師匠から

「どうせなら超怖い話でも東京伝説でもない新しい切り口の実話を書け」
「実話恐怖譚の新しいジャンルを作れ」
SFとか

という、完全に頭がおかしいオーダーを頂戴してしまい突如地獄へ一転、
あるじのように上手に処理できないワタクシはトチ狂ったテーマを
トチ狂ったまま書き出して読者のみなさんから圧倒的な不評を買い、
こんなもん怪談でもなんでもねえよと物凄く怒られました。
……あっ、俺終わったかもしんねえな」と覚悟を決めたりも致しました。

しかし、どういうことなのか未だよくわからないのですが、第一巻
FKBふたり怪談 (竹書房恐怖文庫)FKBふたり怪談 (竹書房恐怖文庫)
(2012/11/29)
松村 進吉、黒木 あるじ 他

商品詳細を見る
は、作家の方々や書評家の先生といった方面から何故か
「悪くない」「いいね!」「続けろ」などのお言葉を頂戴しまして、
いいのか悪いのか判断がつかないままずるずると僕は
体験者の「妄想」という難題と向き合い続ける感じになり、幽戸さんとの第三巻
FKB ふたり怪談 参 (竹書房文庫)FKB ふたり怪談 参 (竹書房文庫)
(2013/09/28)
松村進吉ほか

商品詳細を見る
でもまた、性懲りもなくやらかしてしまいました。
「人の心」という恐怖のキャンバス、何が描き出されても不思議ではないが故に
幽霊話とは恐怖のポイントが根本的に異なる体験談を、
妄想だからと没にしたり幽霊のしわざにおっかぶせたりせずにそのまま書いていく、
どんどん書いていく、すると書いてるうちにあの話もこの話も
結局は全部妄想なんじゃないか、幽霊の話なんてほんとにこの世にあるのか、
なんていう詮無いところに年甲斐もなく立ち返ってしまって
おかしな方向に意識が混乱して何が怪談で何が怪談でないかわからなくなるという
もう発狂寸前のハメに陥り現在に至ります

ただひとつだけ云えることは、これ、
師匠に追い込まれたおかげで見つけることができた地獄の門でありまして、
常に新しい何かを探すということの困難を身をもって体験することができ、
僕としては正直な話、衷心より、師匠に感謝しておりますと共に、
いつか絶対何らかの形で仕返しをしてやると固く心に誓って檻ま寿司台デs

……平山夢明、敵に回すとこんなに怖ろしい相手はないかと思いますが、
味方にするともっと怖い、そんな人物です。


 ※ ※ ※ ※


最近の日本クトゥルーシーンに突如現れ、
竜巻のようにギュンギュン多くの作家を巻き込み拡大し続けております、
創土社「クトゥルー・ミュトス・ファイルズ」シリーズ。
ラヴクラフト御大が遺した数々の神話作品を元に、
小説、絵巻、ゲームブックなど様々な形式でオマージュを展開。
公式はこちら→ 

このレーベルの出現にもビックリしましたホントに。
まさかこんな突然、何の前触れもなしに日本人作家による
クトゥルー新作が次々読めるようになるなんて、一体誰が想像しましたか。
いやあ、素晴らしい時代が来たものです。
菊地先生をはじめとする、これまでの錚々たる面子は公式をご覧頂くとして、
こちらの新刊、

インスマスの血脈 (The Cthulhu Mythos Files)インスマスの血脈 (The Cthulhu Mythos Files)
(2013/12/21)
夢枕獏、樋口 明雄 他

商品詳細を見る

夢枕獏×寺田克也という凄まじいタッグにまず仰天ですが、
なんと「超」怖い話二代目編著者の樋口明雄さん、
そして我らが、黒史郎さんが執筆されております!

樋口先生の作品は「海からの視線」
大変ストレートな、ド直球のインスマス物語の構成に
現代日本の抱える問題を丁寧に織り込んだ、先生ならではの作品!

黒さんのは「変貌願望」
物語の舞台がまさかの山梨県、海がない県!
この着想の時点で既に黒ワールドの予感がビンビン、
中身も期待にそぐわぬ黒さんにしか書けない硬軟併せ持つ快作!

クトゥルーってどんなのかよくわかんねえなと云う方もご安心、
本シリーズは「初めてクトゥルーに触れる方にも」楽しんでもらえるようにとの
方針で編まれており、ここを入り口として頂いて全然オッケー。
神話の中でも屈指の知名度を誇る「インスマスを覆う影」のオマージュ集。
是非、ご高覧ください。



ほいでその、まあ実は、次の「クトゥルー・ミュトス・ファイルズ」に
この不詳お松も書かして頂きましたんですわ!

ユゴスの囁き (The Cthulhu Mythos Files)ユゴスの囁き (The Cthulhu Mythos Files)
(2014/01/25)
松村 進吉、間瀬 純子 他

商品詳細を見る


ユゴスの囁き』という書名があらわしておりますとおり、
次回はクトゥルー神話内にあって異色の宇宙人ホラー、
「闇に囁くもの」へのオマージュ集です。
一緒に書いたのは間瀬純子さんと、山田剛毅さん。
これまで幻想的な短編を書かれていたのが印象的な間瀬さんは小説、
山田さんは浮世絵(!)草子での参戦。そう、あのクトゥルー浮世絵の方です!

僕の中編のタイトルは、「メアリーアンはどこへ行った
現代アメリカのテキサスが舞台です。
あと、なんだかよくわからない場所も出てきます。
向こうのシリーズもののテレビドラマとか映画とかを意識して、
日本語吹き替え感が出るように、いっしょうけんめい書きました。ぜひ読んでね。
えへへ。

ヒヒヒ。

 ※ ※ ※ ※

あめだま 青蛙モノノケ語りあめだま 青蛙モノノケ語り
(2013/12/19)
田辺青蛙

商品詳細を見る

あとこれね、田辺さんのご新刊。
『てのひら怪談』での傑作を含む、掌編集。
俺これ拝読したんですけど、なんかホント、
読んでる間は幻想の世界を次々にめぐってる感じがして、
終わるのがもったいないってすごい思って、
今でも頭に忘れがたい忘れたくない独特のしっとりした雰囲気が残ってる。
怖かったり、切なかったり、さびしかったり、かわいかったり、
いろいろの想いがいろとりどりに移って素晴らしい本だと思う。
頂いたから云うのを差っ引いても、正味の話、強くおすすめしたい。

いい本出すなぁ、流石だよ……。


 ※ ※ ※ ※


さて。
そんな訳でお送りして参りました、松村進吉の宣伝ブログ。
今回もそろそろお別れの時間となりました。
来年はね、僕もちょっと本腰入れて頑張らないとと思っておりまして、
順ちゃんも新刊が出ますし、超楽しみにしてるんですけど。

……うん、まあそうね。今、十二月ですね。
年の瀬っていうくらいだからね。
わかってますよそれは。

この前、ドヤ顔で貼ってたチラシはどうなったんだって話でしょ?

知りませんよそんなの!!! 僕に訊かないで下さい!!


お手洗いとかで、あんまりノックとかされまくると出るもんも出なくなるってこと、よくあるでしょ?!

何、たとえが悪い!? お前は一体誰の味方なんだって?!!

ああそう、じゃあ云い直しますよ!!!!




今度あの人に会ったら、俺にユンボで埋められるか、小説を書くかのどちらかを選ぶように云っておきます。



たぶん、来年こそ出ると思いますので、ハハッ!

それじゃ! 
三枚目
Bolivia_チラシ_130725_トンボ無し-3
二枚目
Bolivia_チラシ_130725_トンボ無し-2
一枚目
Bolivia_チラシ_130725_トンボ無し-1
しっ……、死んでる!
 
いや、死んでない!!!
俺たちの手づくり感いっぱいの宣伝ブログはまだ死んでない!!!

エッエッエッエッエッ。
エッエッエッエッエッ(笑い声)。

あ、皆さんおはようございますお松です!!!
今日も厭なお天気ですねぇ、お元気ですか!
お元気ではありませんか!!
俺はお元気ではありません!!!!
お元気でしたら本ブログを七箇月も放置しません!!
いやもうホントに、あのあれです。
あのなに。

申し訳ございませんでした……。

いや違うんですよつまりどういうことかと云うとね、
まあ正味の話、死んどった訳ですよ!!!
俺はもうほとんど死んどった訳です!!!
なんで死んどったかと云うとですね、

学生怪談―夜は異界 (ハルキ・ホラー文庫 ま 2-1)学生怪談―夜は異界 (ハルキ・ホラー文庫 ま 2-1)
(2013/07/13)
松村 進吉

商品詳細を見る
これ、ハルキ・ホラー文庫で実話をね、やらさして頂いたんですよ!!!
編集さんに最初「すいません正直書ける気がしません」なんて
漏らしてしまいましたけども、お漏らしして泣きを入れてしまいましたけれども、
いやーどうしてどうして。どうにかなるもんですね人生!
日中の、家業の土方仕事のほうは完全に休んでましたけどね!!
おかげでもう生活がギリギリですよ!!!!!!!!
色々と金が掛かるんだよ実話本には!!!!!! カンベンしてくれよ!!!!!

うっうっ……
ちくしょう…… ちくしょう……

……えーとあの、まあとにかく、「それを体験したのが中高生の頃」という縛りで、
多感な学生時代の怪異譚というコンセプトで一冊仕上げさして頂きました。
実際のところ現役の中高生から聞いた話は三つぐらいしか入っておりませんので、
全体的にはやや懐かしいかんじになってしまったかも知れませんが
そこはもう何と申しますか、書き手がオッサンなもんで、
あんまり若い子から話を聞くのは苦手なもんで、堪忍して下さい。ひーっ。

で、同時発売になっておりますのが、

怪の職安―実録怪談 (ハルキ・ホラー文庫 く 2-1)怪の職安―実録怪談 (ハルキ・ホラー文庫 く 2-1)
(2013/07/13)
黒木 あるじ

商品詳細を見る
こちら、背中を預ける我が戦友の黒木某が命を賭して書き上げた書き下ろし
タイトルの示すとおり「職場」縛りの怪異譚となっております。
以前「ふたり怪談」で私とヤッたときのコンセプトを更に掘り下げ、
徹底させた感じの強度の高い一冊になっております!!
うまいこと云えないんですけどなんか全体的にお得感みたいなのがすごい!!
ちくしょう、感想下手か俺は!!! でも、ほんとの話!!!

偶然にも前記の拙著「学生」と対になっている感もありありで、
いやあ運命だよねあるじ。

……あるじ!! あるじこの野郎!!!
お前とは一度キッチリ決着をつけないといけないと思っています!!!
『幽』の連載に書いたことはまんざらウソでもないんだぞこのやろう!!
俺はこれからもテッテ的にお前をDisり続けてゆくつもりだ!!!!

いいだろうあるじ。なあ、あるじ……
あるじ……どこまでも共にゆこうじゃないか……あの、ピリオドの向こう側へ……

……で、そんな若造ふたりの新刊だけでは当然終わらないハルキホラー。

怖い本 ベストセレクション (ハルキ・ホラー文庫 ひ 1-17)怖い本 ベストセレクション (ハルキ・ホラー文庫 ひ 1-17)
(2013/07/13)
平山 夢明

商品詳細を見る
平山夢明の新作書き下ろしも収録した、ベストセレクション!!

これが真打です!!!
とにかくもう平山怪談は格が違うんだなぁと認めざるを得ない、
くやしいけどやっぱ最恐に怖い、おいしいとこ取りの一冊となっています!
この夏一番の破壊力をそなえた実録怪談本です!!!

以上三冊、みなさまどうぞ、よろしくお願いを申し上げます!!!


 ※ ※ ※


怪談専門誌『幽』十九号に、ワダグスお松の連載
セメント怪談稼業」第二回を掲載して頂いております。

幽 Vol.19 2013年 08月号 [雑誌]幽 Vol.19 2013年 08月号 [雑誌]
(2013/07/01)
不明

商品詳細を見る

なんとなくどんな連載にしたいのか見えてきた気がします。
書くのがすごい楽しい。うれしいです。
怪談書いてて楽しいとかふつうありえないので貴重な経験をさして頂いております。

錚々たる執筆陣の皆様のお作の邪魔にならないように気を付けながら、
末永く続けられたらいいなあと思っております!
えへへ! どうぞよろしくお願いいたします!


 ※ ※ ※ ※


さて続きまして、福澤のオジキの新刊もぜひ紹介させて頂きたいと思います。

忌談 (角川ホラー文庫)忌談 (角川ホラー文庫)
(2013/06/21)
福澤 徹三

商品詳細を見る

角川書店より発売されております新型の実録恐怖本!!!
こちら、ひとくちにどんな本かと云うのは簡単そうでいて、実はむつかしい。

いやホントにむつかしいですよ。
あえて表現するなら、「怪談」と「狂気」と「犯罪」がシームレスに続いている世界、
それが我々の暮らすこの世界に他ならないという、その現実を突きつけてくる本。
各ジャンルの境界線があえて設定されていないことで、結果として余計に生々しく、
僕らはこんなとんでもない国に生きてたのかと痛感させられます。
どこまでもリアルな、スクリーンの向こうじゃなくて壁一枚隔てた隣の部屋みたいな
身近な恐ろしさを味わえる本です。これホント、強くおすすめ。


で更に、福澤先生は「東京難民」も文庫化されています。

東京難民(上) (光文社文庫)東京難民(上) (光文社文庫)
(2013/07/10)
福澤 徹三

商品詳細を見る
東京難民(下) (光文社文庫)東京難民(下) (光文社文庫)
(2013/07/10)
福澤 徹三

商品詳細を見る

こちらは上下巻。
来年二月に公開予定の映画版では、ストーリーに大胆な改変が加えられており、
しかしそれも原作のテーマや味わいを歪めないためのものだと、
巻末の解説で、監督さんご自身が書かれております。
かなりのこだわりが感じられます。
映画が始まる前にぜひ、未読の方も、既読の方も、この文庫版で、
冷たい現実をこれでもかと描き出す福澤節を味わってみてください!


 ※ ※ ※ ※


今月、竹書房版の『「超」怖い話』第一期最終巻が出ます。

「超」怖い話 Ω (竹書房文庫)「超」怖い話 Ω (竹書房文庫)
(2013/07/29)
松村進吉

商品詳細を見る

数字の代わりにギリシア文字を数えて長らく続いてきた本シリーズ、
今回でおしまいの『Ω』となります。

僕が夏の編著者になって五冊目の「超」怖です。
今回もいろいろな話が入っておりますので、なにとぞよろしくお願い申し上げます!


 ※ ※ ※ ※


すっかりごぶさたの順ちゃん、真藤順丈は各紙連載も好評で、
十月か十一月には何かしらの動きがあるのではないかと
もっぱらのウワサ!!!

本人からのメールの文面を見る限りでは、
爆発する日も近いものと思われます!!


 ※ ※ ※ ※


で、最後になりましたが、
毎日毎日死にてえ死にてえと呟きながらキーボードを殴っている姿が目に浮かぶ、
我らが平山夢明の情報。


九月、『ボリビアの猿』が光文社から刊行予定!!


現在、物凄い勢いで死んでいます!!
乞うご期待!!!
チャンネーとボズ、あとセメント!
暗くて静かでロックな娘暗くて静かでロックな娘
(2012/12/14)
平山 夢明

商品詳細を見る


どうもお松です、はい、出ました!!!
平山夢明の最新短編集です!!!
これはもう正直事件と云ってもいいでしょう、
皆様ぜひ、書店へ足をお運び下さい!

タイトルのほう、ムスメではありませんチャンネーですのでご注意を!!!
書店員さんに尋ねる時にはちゃんと「チャンネー」とおっしゃって下さい!!
もし相手が20代の女性店員さんだった場合、「は?」みたいな顔を
される可能性もなきにしもあらずですが大丈夫です堂々としてください!!
あなたは間違ってません大丈夫!!!

あとあの、なんと申しますか帯の方の文面が若干、
キワキワな感じに仕上がっております模様で、
どうキワキワかと申しますと著者である平山夢明がひと目見るなり
ヒーッヒッヒッ」と大歓喜したとだけ書けば大体おわかり頂けるかと存じます、
でも大丈夫ですサッとレジに持って行ってください!!!!!
ありがとうございます!!


 ※ ※ ※


あと、ワダグスのソウルメイトであるところの
順ちゃんこと真藤順丈が命を削って仕上げました、
人類未体験の物語も今月ついに、上梓!!!!
墓頭墓頭
(2012/12/26)
真藤 順丈

商品詳細を見る

頭に巨大な瘤を抱え生まれたボズ。瘤の中には双子の片割れの死体が埋まっていた。現実に馴染めず異能の子供を集めた施設に収容され育つが、彼の周囲には常に死の影があった。50年以上にわたる男の数奇な人生を描く!


さあこれ、どうですか!!
平山夢明は本書について先日、「うん、コイツはこれでひとつ抜けた」と
納得の顔を見せておりました!

皆様、真藤の本気の一発、どうか喰らってみてください!!
Amazonの方に本人のインタビュー動画もありますから、
あわせて是非ご覧ください、ホントに可愛いヤツなんです!!
順ちゃんスゲー頑張ってたんですずっと、
俺も太平洋横断に行った友達を見守るような心境ではらはらはらはら、
大丈夫かなあ大丈夫かなあってずっと思ってて心配で心配で、
でも俺みたいな綿ぼこりが心配だよとか云うのもなんかその、
おこがましくってちゃんちゃらおかしいからあんま本人にも
頑張れ頑張れとか頻繁には云いづらかったんですけど完成してよかった!!
こんなにうれしいことはないですわホッホーイ!!!!!11


 ※ ※ ※


幽 2013年 02月号 [雑誌]幽 2013年 02月号 [雑誌]
(2012/12/17)
不明

商品詳細を見る

皆様おなじみの怪談専門誌『幽』、今号から錚々たる先輩方と共に、
不肖ワダグス松村進吉も怪談実話の新連載を始めさせて頂きます!
タイトルは「セメント怪談稼業」!!!

セメントっていうぐらいですからこれホント裏も表もない、
ガチンコの怪談屋の実態をお晒ししてゆきたいと考えております!
あ、勿論場合によってはコンクリートの打設状況とかも出てくるかもわかりません!!
まだよくわかりません、でもとにかく、オール実話の「私怪談」となっております!
何卒よろしくお願いを申し上げます!! ウフフフフフ!!


他にもお知らせあると思うんですがとりいそぎ、

あそうだあのアレです、これも今月出る平山夢明の怪談ベスト、
超怖い話ベストセレクション懺骸 (竹書房恐怖文庫)超怖い話ベストセレクション懺骸 (竹書房恐怖文庫)
(2012/12/27)
平山夢明

商品詳細を見る

こちらの巻末にわたくしお松が「超」怖い話五代目著者として、
僭越ながら解説文のような呪いの言葉のような、
なんかそんなようなツラツラしたものを寄せさせて頂きました
ありがとうございますしかも結構長いですどうもすみません……
でもしょうがないじゃないですか!!!
こちとら云いたいことは山ほどあるんですよあの平山って人には!!!!
とりあえずその、アレですよ!!
あのね……、まあその……
何? ホラ……
なんだよ。チッ……



先生、今年もお疲れ様でした///

ぎゃああああああああああああ!!!!!!
うるせえ!! うるせえ!!!

以上、今月の三兄弟でしたみなさまサンキューベリーマッチ!!!!
三兄弟、冬のクレイジーマウンテン祭り
 
はいどうも皆様こんばんは、お松です!
アッハッハ、いやぁ~ホント、ね。
……ええ。ハッハッ。

はいそうです、またぞろお松です!
お松ばっかりだよこのブログは!!
その点につきましてはもう諦めてください!!!

でもね、その代わりと云ってはなんですが今回はバッチリ、
我らがクレージーマウンテン先生の情報をお知らせ致しますので!
来月はなんかすごいんです!
なんかわからないけどすごいんです!
まず2冊も本が出ます!

「えっ、平山夢明の本が出るの?! ……ホントに?!

耳を疑う方もいらっしゃるかもわかりませんが一応ここ公式ブログなので、
嘘ではありません!!


12月14日、集英社から
暗くて静かでロックな娘(チャンネー)!!

そして12月27日、竹書房から
「超」怖い話ベストセレクション3 !!


なんと小説と怪談のダブル責め!
どちらも既に絶賛予約受付中みたいです、引き返せません!!
もう後戻りできません、大丈夫なんでしょうか!!!

更に来年、1月17日には、
あの『幽』の大好評連載作品「怪談実話コメカミ草紙 2」も発売予定!!!
平山夢明らしからぬ為になる本、との妙な評が飛び交った「非道徳教養講座」も、
風のうわさでゴニョゴニョゴニョの予定と聞いておりますから、
それらの方もまた追って随時、お知らせして参ります!!

あと、現在好評発売中のものとしまして、

心の問題 武富健治作品集心の問題 武富健治作品集
(2012/11/22)
武富健治

商品詳細を見る

あの『鈴木先生』の武富健治さんによる短編集に、
平山原作のお話が収録されておるとのことです!!
まったくもって平山夢明という人は、いつの間に!!
俺、鈴木先生大好きで、ドラマもすごい好きでちょうどまた再放送見てましたから、
なんか予想外のことで嬉しいですこれは、アハッ。


 ※ ※ ※


続きまして映画情報です。

いよいよ迫って参りました、12月15日公開――――

 いま、殺りにゆきます!!!

こちら皆様ご存じの、やけに活き活きとした文体で平山夢明が描き出す
実録恐怖サイコ犯罪譚な訳ですが、
一体どんな因果によるものか、なんと映画化されてしまいました!!!!

いま、殺(や)りにゆきます―RE‐DUX (光文社文庫)いま、殺(や)りにゆきます―RE‐DUX (光文社文庫)
(2010/06/10)
平山 夢明

商品詳細を見る

監督はあの「AVN エイリアンVSニンジャ」の、千葉誠治さん!!
可愛い女の子たちが次々と正視に堪えぬ目にあいまくるオムニバス!!!!
観れば世のお嬢さま方の防犯意識が高まること、間違いなし!!!

12月15日より、渋谷のユーロスペースにてレイトロードショー開始です!

先日発売になった映画秘宝でもこの映画のことを
平山夢明自らコメントしているそうなので、ぜひ合わせてご覧ください!

映画秘宝 2013年 01月号 [雑誌]映画秘宝 2013年 01月号 [雑誌]
(2012/11/21)
不明

商品詳細を見る

……って、うわっ、く、クロエちゃん……クロエちゃんじゃないか……
何だどうしたんだそんな恰好して……おい、クロエ……ハァハァ……
クロエ、クロエ……うっ……ハァハァ……クロ……
クロ……うっ、く、くろくろハァハァ……クロエハァハァ……




ぎゃああああああああーッ!!
それじゃ、また!!!!
そろそろ出るンですわ!!!
hutarikwaidan.jpg

 FKBふたり怪談 (竹書房恐怖文庫)

ハイどうも、お松です!!!
そろそろ発売日も近づいて参りましたFKB最新刊!!!
今回はワダグス、四国の狸入道・松村進吉と、
東北の怪談若大将・黒木あるじのガチンコ共著となります!
殺るか殺られるかのメリケンサックデスマッチ!!!!

タイトルはズバリ『ふたり怪談』!!
うおおおおおらっしゃああああああああい!!!!
これが俺たちの本気じゃああああああい!!
どんなもんじゃあああああああああい!!!!1 ひいーーッ!





……フスーッ。

……いやもうホントね、今回ばっかりはあの方の弟子である身を恨みましたよ。
これ、一応は毎年怪談本を出させて頂いてるふたりですからともすればスルッと、
「おい、じゃあ一丁ヤルかい?」「あいよッと!」くらいのノリでベロッと、
なんとなく書けちゃったような雰囲気があるかもわかりませんけどとんでもない。
正直な話一年がかり、いや正確には10カ月少々掛かったんです書くのに。
嘘じゃないんですマジなんです。
俺こんなの初めてだよ、もう何年も怪談屋やってますけど。

というのも今回、あの監修のクレージーマウンテン先生が我々に、
従来の怪談とは違う怪談を書いてみろと仰ったからなんですね。

ええ、何を云ってるかわからねーと思いますが俺もわかりませんでした
詳細は平山先生ご自身が巻末に解説を下さってますので、
そちらをご参照頂ければと思うんですけれども、まあホントに。よくもまあ。ハハハ
実際、黒木さんがいなければ怪談本として成立しなかったのではないかと思います。
そのくらい綱渡りでセンシティブな新ジャンルを、目指さざるを得ませんでした。

もうね、申し上げたいことは300行ぐらいあるんですがこの辺にします。
賢明なる読者の皆様におかれましてはどうかこの、我々の、
蛮勇の結実をご笑覧賜れますよう、心からお願い申し上げます m(_ _)m



今回、デザイナーさんもすごいですよね。千里眼かなぁ。
こんなに感情移入できる表紙初めてですよ俺。ハハッ。


 ※ ※ ※


さあ、次はイベント情報です!!

『男たちの怪談百物語』刊行記念 男だらけの怪談祭り!

こちらは来る12月1日(土曜日)、東京カルチャーカルチャーさんで行われます、
『男たち』の記念怪談ライブ!!

深川某所にて行われた9時間にも及ぶ 狂気の沙汰  もとへ、伝説の夜!
あの興奮が今度はライブになって、常識的な時間に収まって帰ってくる!
皆様ぜひ、この機会をお見逃しなく!!
不肖、この狸入道も四国から飛んで参ります!

17:00/開場 18:00/開演 20:30/終了予定
入場料:2500円/前売 3000円/当日 ※その他飲食代は別途


びっくり! 黒木あるじ制作のPVもあるんよ! → ようつべ

チケット予約はこちらへ! → eプラス


 ※ ※ ※


ジューン・ブラッドジューン・ブラッド
(2012/11/22)
福澤 徹三

商品詳細を見る

福澤先生の新刊も出ますえ~!

いつもご恵贈賜りまして本当にありがとうございます!
今回のオジキの新刊はノンストップロードノベル!!!!
ヤクザとデリヘル嬢、それに引きこもり高校生による命がけの逃避行!!
血飛沫をかいくぐって逃げ続ける三人に明日は来るのか!?
うわああああああああたまらんもう俺は絶対、今夜これを読むんじゃ!!!!
朝までそっとしておいてください!!!! ヒヒーッ!!!


他にもお知らせ色々あるんですが、またおいおい、近々!
それじゃ!
速攻で増刷とのことです!!
([ひ]2-1)ダイナー (ポプラ文庫 日本文学)([ひ]2-1)ダイナー (ポプラ文庫 日本文学)
(2012/10/05)
平山 夢明

商品詳細を見る

お松です!!
おめでとうございます!!
ありがとうございます!!!

早くも増刷がかかった模様です『ダイナー』!!
読者の皆様には心より御礼申し上げます!!
ワーオ!!!

 ※ ※ ※

恐怖通信 鳥肌ゾーン コックリさん

ポプラ社つながりですがこちらも発売になりました、
東雅夫さん監修の児童書怪談実話集。執筆は、

黒史郎、小原猛、水沫流人、黒木あるじ
朱雀門出、松村進吉、田辺青蛙、伊計翼、
小島水青、勝山海百合、安曇潤平

といった完全に本気の布陣で真っ向勝負を挑んでおります!
大きなお友だちのみなさんも、ぜひ、お手にとってくださいね!

 ※ ※ ※

怖い噂 vol.15 (ミリオンムック 80)怖い噂 vol.15 (ミリオンムック 80)
(2012/10/11)
不明

商品詳細を見る

いつもFKBが揃ってお世話になっております怖い噂、
今号もまた、日本の暗部をバラしまくっております!!
読めば社会の色々なことが信じられなくなること必至!!
絶賛発売中!

 ※ ※ ※

他にもさまざまのことが進行中で、早く皆様にご報告申し上げたい件も多数ございますが、
とりあえずは原稿を書かないことには当たり前ですがどうにもなりませんで、
リボルテックタケヤの風神様でコキコキ遊んでおる場合などでは全然なく、
無駄にコーヒーばかり飲んでトイレが近い秋の夜です。
しょうじきもう生きた心地がしませんファッファッ。

ヒアアアアアアッすごい!! 人生って楽しい!!
おつかれさまですひーーーん!!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。