〈独白する三兄弟が超怖い〉
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とりあえず出ました。
えーと。書かなくてはならないことは山盛りですし、
ひさしぶりにジュキアやタッチャンや京さんやみゆきちゃんとも逢えたことも、
もろもろ書かなくてはならないのですが、
とりあえず

東京伝説 閉ざされた街の怖い話    (竹書房文庫 )竹書房恐怖文庫 東京伝説 閉ざされた街の怖い話 (竹書房文庫 HO 63)
(2009/04/28)
平山夢明

商品詳細を見る



でました!
スポンサーサイト
終わった…
どえらい御無沙汰をしてしまいまして。
真藤順丈です。先週末、ズルズルと引っ張りつづけた長編をようやく送稿することができました。
関係各位には多大な迷惑をおかけしまして、驚くほどの愚図っぷり、醜態をお見せしてしまった
ことを心よりお詫びします。遅延の影響であちこちで噴きあがった火の手をこれからせっせと鎮火
していく所存です。ほんとうに賽の河原の石積みのように積んでは崩すをくりかえし、これは何の
因業だと思いながらもやめられないオン・ザ・暗礁状態を、多くの方々の協力と激励に救っていた
だきました。謝辞的なものはまだぜんぜん気が早いんですけど、担当編集H女史には辛抱強くご
指導いただき、映像仲間にも感想や助言をもらって前を向くことができました。なかでも真夜中に
ちょくちょくメールをくださった平山先生の度重なる激励には心底鼓舞され、いただいた助言には、
どんな感謝の言葉も上滑りする感じで…座右に置ききれない金言をたらふくいただきました。ほん
とうに有難う御座いました。
先週末は送稿したその足で、ギロッポン。
松村進吉兄も書いていましたが、俺にとってはちょうど神様の褒美のように、この三兄弟ブログの
飲みがありました。ひさびさに浮かれポンチで歓談していると、夜も更けるにつれてなぜか各社の
編集者たちがわらわら集まり、かのユンボマスター松村兄の心臓にさえのっぴきならない圧をあた
える大先生方も顔を出して、とんでもない席になっていました。俺は半分ほどの時間はポワンポワ
ン幽体離脱してた感じで、緊張してて後半の記憶がありません。担当のS編集やまッちゃんの隣
の席をキープして、平山先生たちのすさまじい博覧強記トークにおおー、へー、すげーと感嘆してい
るばかりだったように思います。いろいろな話が聞けて、ひさびさにまた胸がトクトクと疼く感じで、
昂揚しっぱなしでした。ずっと俺の作業の遅れを待ってくれていた担当編集にも電話で言祝いでも
らえて、甦った心地でした。その翌日にはせがんだ甲斐があって、松っちゃんとメシも食えた。いや、
もう、ホクホクです。松ちゃんとは日々の憂さ、作品の話や性癖まで話せて、時間終わるのが口惜
しかったなー。
で、いま現在はまたぞろ職場の鍵を無くして、喫茶店やマン喫を転々としながら作業してます。天気
もいいし、流浪の作家ってのも小じゃれた感じするからいいか、と思ったけど、いやいやぜんぜん集
中できない。昨日、だみ声でくっちゃべってたノムラサチヨ似のおばちゃんが今日もトゥリーズに来て
いる。喧しいだけならまだしもノムラサチヨといや麻原彰晃と林真須美につづく俺のなかでの平成三
大リアル妖怪なので、その極彩色の貌に視線が行っちゃう。見ちゃう。だんだん愛らしく思えてくる。
なんだこの心理。脱稿の力か。

東京でしたね
また歌舞伎町に泊まったので僕はもう田舎者じゃないと思います


金曜日から日曜日まで、東京に行ってきました。
上京するからには今、ご無礼を承知の上でも甘えさせて頂かないと絶対後悔すると思い、
大変お忙しいところにご無理をお願い致しまして、平山先生に、遊んでいただきました。
「楽しかった」の最上級、且つ丁寧ないい方って何でしょうか。
ちょっと俺日本語がたどたどしいのでわからないんですけど、ホント、やっぱ、楽しかったです。
今回もまた、僕の心臓が変な動き方をするレベルの大変な先生方のいらっしゃるお席に、
ちょこんと混ぜて頂きました。
もうホント、諸々ガッツリゴツンと目に見える形で、作品でお答えしなければ、
来世来々世になってもご恩がお返しできないと思い、がんばりまくる所存でございます。
平山先生、本当に有難うございました。

 ※ ※ ※ ※ ※

ジュキアくんとご飯を食べました。
メールとかではもどかしくて話ができないことを、楽しくしゃべりました。
やっぱ最前線で、半死半生でがんばっているひとの話は切迫してていいよね
でもだいぶ元気になってきてたし、顔色も快復してました。
前はちょっと透けてる感じと云うか、瞳孔が横長になってる感じだったので。
もっとダラダラ、時間的な制約なしに遊びたい。時間足りない。
今度はもっとゆっくり、ゆっくり!

そらっち・レンちゃんと云う、怪談書いてる友達ふたりとも飲みました。
今回はあんま、いつもの調子でギャンギャン騒げなかったんだけど、
俺たちはいつも本気だと云う点を確認しあって納得。

世の中の自分と同年代の人達の中に、何て云うか形容しがたいんだけど
話をしててワクワクする人達と云うのがいて、それは単に共通の趣味があるとか
価値観が似てるからとかじゃない、もっと底の方から、人間の根っこのところから
ずっと発せられている個人個人の、耳には聞こえない音みたいなものが、
うわんうわんうわんうわんと共鳴するひとって云うのがいるんです。
いると思うんです。
そんな感じ。

また遊ぼうね!

 ※ ※ ※ ※ ※

実は今回は、「超」怖い話の打ち合わせに上京したのですが
今年から平山先生の跡を継いで夏の編著をお任せ頂けることになっておりまして、
日々もにょもにょと蒐集している/お寄せ頂いている日本全国の怪異を持ち寄り、
これはどうだあれはどうだと話し合いしてきました。
いかにも会議っぽくて、一日の大半を屋外で過ごす俺は何だか新鮮な気分でした。

ちょっと今、サラッと云ってみましたけど俺、今回から編著者をさせて頂きます。
ええ、そうですね。何て云うかもうプレッシャーが尋常じゃないですよねウヒヒヒ
とにかくがむしゃらに、一切妥協ナシにがんばる所存でございますので、
読者の皆様におかれましてはどうか宜しくお願い申し上げます。

ガツンとキメますよ俺は!!
あ!
パスワード見つかった!

よかったよかった!

で、松は、良いとして。

ジュキアは、どうなんだい?

大丈夫なのかい?
今日はコンクリを打ちましたね
平山先生にメールをしたら、「」が89文字返ってきた。

こちらのメール内容に対するご返答らしきものは特になく
嗚呼、僕が迂闊でございましたと悔やむと共に、とりあえずお返事が頂けたのは
“「ほ」をもって是認とする”と云うご意思だろうと、勝手に解釈をする。
だいぶキワキワのところに差しかかっておられる模様ではあるものの、
どんな状態であれ御生存なさっておられることに、ホッと安堵をする。

最早知らぬものとてない〆切のわんこそば。過労のスタンプラリー。
予定の詰まってる日をカレンダーに○したら、ゲーム終了時のオセロ盤になったでござるの巻。
到底、常人には耐えられぬスケジュールであろうことは想像にかたくない。

キーボードを一文字打つのに一体どれだけのエネルギーが必要とされるか、
これは本当に文筆の本職の方々でなければ想像も及ばないものであるからには、
その上でこれだけの激務を

あ、今、先生からまたメールが来ました。


 ※ ※ ※ ※ ※


うん、こちらのメールにお答え頂けたみたいでさいわいです。
でもまた「」が、本文と関係なく丁度100文字ついてますね。
数えてますねこれは。100になるように数えて打ってると思います。
先生はブログだけじゃなく、ホントにメールででも頻繁にこの「ほ」を

あ、返信したらまた


 ※ ※ ※ ※ ※


ええと、うん……。

」が100文字ですね。のみ。それのみです。
いや厳密には、一番最初のメールは「うほほほ」、
最後のメールは「おほほほ」なんですけどもとりあえずそれ系ですね。

どうも先日、福澤先生から伺ったところによりますと、
突如そのような「ほ」系メールが福澤先生のところにも送りつけられて来られるらしくて、
まあね、あの人はね――」と、何か曖昧に言葉を濁しておられたのが印象的でした。
すごく共感しました
いやあの、ご心配なさっておられるご様子でした。


何て云うかもう、ちょっと文筆の難しさみたいな話書こうと思ってたんですけど
何を書こうとしてたのか粗方忘れてしまったので今日はこれでおしまいでいいでしょうか?
すみません何かホントに。
ハハッ。ハハハッ……。



 ※ ※ ※ ※ ※

あっと、そうだ、非公開コメント/拍手、いつもありがとうございます。
ちゃんと拝見してます、すごいうれしいです俺、もったいない、がんばります! (*`∀´)v
暑いのか寒いのかはっきりして
真っ暗!!!!!111

もう真っ暗、わかんない何も、なーーんもわかんない!!!!
ヤッハハーーイ!!!

 ※ ※ ※ ※ ※

深夜、だだっ広いローソンの駐車場でさんざっぱら、100行近くを書き直すかどうか悩み、
もう何をどうしたらいいのかわからなくなって途方に暮れまくっていたところ、
青白縞の制服が店の前でウロウロしている。
わりとはきはきものを云う、若い男性店員である。
丁度客の切れ間で、煌々と輝く白い店内は虚ろな水槽めいて静まり返っている。
ゴミ箱の回収でも始めるのかと思って、ぼんやり眺めていた。
ほどなくテナント裏の駐車場から、ローダウンの白いステーションワゴンが、
入り口正面の駐車場まで回ってきた。
降りてきたのはこれも青白縞の制服、30過ぎの女性店員である。
男性店員が運転席に座る。
靴を脱いでいる。土禁らしい。
女性店員は助手席に回った。
ふたりはそのまま、しばらく車内にいた。
俺が車を停めていたのはおよそ十五メートル離れた、
彼らのステーションワゴン右後部ドアに対して直角の位置である。
運転席と助手席の様子は見えない。
何だか頭と頭が寄っている気がして、かなり目を凝らしたのだが見えない。
窓際で、ふっ、ふっ、と赤い光点が動いている。煙草を吸っている。

五分もせぬうちに、新しく客の車が入ってきた。
ふたりはばたばたと車を降り、店内に戻って行った。

開きっぱなしの窓から、彼らの車の甘ったるい芳香剤の臭いが侵入してきた。
俺はネットブックの画面から末尾100行を選択して、消去した
渾身の力を込めて、ちょっとした悲鳴くらいのデカさの舌打ちをしてみた。
スカッとした。

別に自棄になんかなっていません
まだ夜は冷えますね
真夜中過ぎ、繁華街から一本外れた大通りのうんこ地面を掘り返して、
ぶうぶうがりがり騒音を撒き散らかしながら性行為重機に乗り性行為夜業をしている。

今日は性行為金曜だったので多くの酔漢がういうい云いながらうんこ歩道をのたくり、
作業しづらいことこの上なかったのだけれどもうんこ交通規制やら性行為喧しい作業音やらへの
神に呪われしクレームがなかっただけまだ性行為さいわいだった。

現場のすぐうんこ隣では黄色い性行為タクシーがずらずらと、びっくり性行為するぐらいに
沢山性行為並んでいて、性行為カラオケ店などから足取りも怪しく吐き出される
どんちゃん性行為騒ぎの性行為若者達を性行為待ち構えているのだが、
全体どう云う神経なのかそんな客待ちの運ちゃん達の真正面でひしと抱き合い、
ベアーハッグを極めながらベロチューする大学生くらいのカップルがおり、
運ちゃん達は何だかぼんやりと、事故にあった近所の子供でも見るような目つきで
その聖なるうんこカップルを眺めていた。沢山の目が眺めていた。
車窓から。ずらずら並んだ車窓から。カップルの神に呪われし性行為ベロチューを。
だから、俺も眺めた。性行為うんこ性行為鶏の肛門性行為性行為

一体、俺が何をしたと云うのか。



 ※ ※ ※ ※ ※

ジュキアくん、スピンアウトおもしろかった!
先生、あのそろそろマジに御無事なんでしょうか!
心配でおられませんああああっ、寂しいよう!!1 何か寂しい!!
俺寂しい!!!11 未分類さんっ!!!1
みんなどうしちゃったの!? どこ行っちゃったの!!!??
ひいいいいいいん!!!1
今日から夜勤ですね
友人達の日記などを見ておりますと皆おおむね、
ロールシャッハまじカッコいい痺れると、漢だと、大いに誉めそやしておるわけでして
これ即ち心の底では無垢なる豚にされてしまうよりは飢えた野良犬でありたいのですと、
皆が思っておる証でありましょうからなんのまだまだ俺たちの世代、
骨抜きなどにはされておりまへんえと心強く感じる次第なのですがしかしハタと足元を見るに、
どうも俺の足先にはツメならぬ、ふたつに割れたヒヅメがある、
確かに腹はすかせておるのだが何とやらん犬には思われない、
ひょっとするとこれ俺自身は、既に飢えた豚と化して久しいのではないかと、
ブヒブヒいい調子にどんぐりをつつき回しておるだけの放牧中の豚なのではないかと、
気付いてしまったからにはこれから先どうしたらいいんでしょうか。
どうしたら腸詰めや、ソテーや、しおぶたにされずに済むんでしょうか。
やっぱり毒でしょうか。
毒を食らって毒ポーク、即ち毒じしになれば、食せんと思うひともおらなくなるのでしょうか。
でもそれだと貴重などんぐりをあたら食い散らかすだけの害獣として、
早々に処分されてしまいかねないようにも思われますが如何でしょうか。
ここはやはり、豚も案外凶暴なんですぜと、牙を剥いて見せるのが最も確実で、
効果的な反抗手段のように思います。
これでも一応猪の眷属なんぜと呼ばわって、ナメるなと、寄らば噛むと、
豚突猛進ブイブイまつぼっくりを蹴散らしながら森を暴れ回るくらいしか
手だてはないのではないでしょうかどうでしょうか。
偶に溝に落ち込んで足をくじいたり大木に頭突きをくらわせて脳震盪起こしたりしながらも
あの森には狂った豚がおるぞと噂されるようになれればしめたもの、
あとは時折、おとなしい仲間の背中に歯型をつけたりしておれば安泰でしょう。
それを見つけた村人たちが
「おい、これは何だ」「歯型だろう」「どうも群れの中に凶暴な奴がおる」
「いや、これは森の神の警告かもわからない」「年寄りは黙ってろ
「道理で豚どもの様子がざわざわと落ち着かん」「早々に始末した方がいいんではないのか」
「いや、森の神を怒らせるような真似は控えた方が」「おい、この迷信野郎をどこかへやれ」
なんつってひと悶着あったりなんかして哀れ村の古老、若者達に軟禁されてしまいます。
「おじいちゃんをどうする気」「お前は心配しなくていい」
「おじいちゃんは占い師なんよ」「心配するなと云ってるだろ」
「占い師のおらん村は必ず滅ぶよ」「黙れ
さて奇しくも少年の言のとおり、この村を音もなく十重二十重に囲む影がございまして、
これぞ紛れもなくドイツ王ルートヴィヒ2世の軍勢に他なりませんで、
フランク王国の分裂に端を発する戦乱が、この村を包もうとしておりましたのでございます。
物資の調達ないし強奪に訪れたその軍勢は、遥か上空より鷹の目をもってして見ますれば、
美しい羽を広げた蝶々にも、あるいは禍禍しい刺青を施した魔物の顔にも、
感ぜられたのですがそれを知る者はただ脳のない羽虫の他にありません。
数百年の後にこの村より数キロ西、チューリッヒの大都より、
ある画家の息子が紙片のインク沁みに似たような発見を致しますのも運命の悪戯、
人智のおよばぬ車輪の行く末と云ったところでございましょうがさて、
俺は最前より一体何を書いておるのか誰か教えてください助けてください。
おならが止まりません。
仕事に行きたくない
あつくないですか異様に
さて、3年ばかり前に「ロールシャッハ」のペンネームを拝借した関係上、
絶対見逃すわけには参りませんでした『ウォッチメン』。
無事昨日、いや無事かどうかはわかんないですが昨日、観てきました。

いつまで経っても女風呂の排水口みたいに切羽諸々つまりまくっておりますので、
若干気もそぞろ気味ではございましたがとりあえず観てきました。


アレは何つーのか、もう、ほぼ完璧なんじゃないでしょうか

3時間もある映画なんですが体感としては2時間20分ぐらいでした。

再現度に関しては、多くの人々から概ね好評を獲得しておりますようで、
俺も何だかコミック版を再読しておるような気分で椅子に座っておりました。
当たり前と云えば当たり前なんですが既視感が半端ない。
既視感が半端ないと云うことはそれだけ原作に忠実であるからです。
むしろ台詞を粗方覚えてしまっている俺自身の方にやや問題があった訳です。

所々、監督の趣味かとは思いますがヒーロー強すぎ/カッコよすぎなアレンジがあり、
主人公達のショボさが薄れてしまったりもしておりましたがまあブレの範囲内。
できたらもうちょい常人に毛が生えた程度に抑えてもらいたかった。
スーツもバットマン並にトゥルントゥルンだったから、
いっそ手縫い丸出しの方がショボくてよかったかも。
ロールシャッハのマスクは逆にもっとスベスベしてる印象ないですか? 俺だけ?
あの小柄さには大変好感を持てました。いい役者さん見つけますね。

いくつかの要素や場面がカットされていたようで(予告にはあった初代オウルの殺害とか)、
DVD発売時の特典が楽しみです。早く出ないかな。
ノーカット全部入りでちゃんと観たい。完全5時間版とかでもいいぐらい

ヒーローもので哲学を語る意味に疑問を感じる方もあるかと思いますが、
それを云っちゃあおしまいですのでとりあえず、
『ダークナイト』が二極化によってあるものごとを炙り出そうとした映画だとするなら、
『ウォッチメン』は極そのものの不確かさを突きつける映画かと思います。

あと、ロールシャッハはアメリカ極右思想者である上に
レイプ未遂犯を擁護したりする完全なキチガイですので、
映画内容だけを元に彼を支持するとかカッコいい宣言してしまうと
世間的に見て白眼視されかねませんのでご注意ください。
どうぞ是々非々でひとつ。くわばらくわばら。


 ※ ※ ※ ※ ※


そうだ、あと、いつもブログ拍手ありがとうございます。
大変な心の支えにさせて頂いております。

>>ナツキさん
うーん……、何だろう。お祓いって、何かズルい気がするんです。
勿論、謂れのない不幸ならそう云う対応も妥当かとは思うんですけども、
俺みたいなことやってる連中にはしかるべくと云うか、何と云うかモニョモニョ……
いや、ともあれご心配ありがとうございます! 気をつけます!

>>名無しさん
うーん、それは何か、目に見えないバカ菌みたいなものが?
行き着くところはパンデミックでしょうか?
ハッハ、笑えないだけに笑うしかないですよね。
笑ったもん勝ちみたいなとこありますよね。笑いましょうか。イヒヒヒヒ。
あったかくなってきましたね(頭が)
何つーかもう日本語がわかりませんウヒヒヒ
だめだなーって。もうこりゃ初等教育から受けなおさなきゃだめだなーって。
思ってるんですけどねマジな話

とりあえずあのー、タウリンてあるじゃないですか、タウリン。
あれ、効くんでしょうか。何か効くような気がするんですよね俺。
プラセボかも分かんないですけど、若干すっきりするんですよね頭が。
だからわりと窮地になってくるとがぶがぶドリンク剤とか飲む方なんですけども、
あ、落ちとかないですよこの話。ごめんなさい。謝っときますね最初に。
それでね、ああ云うのって何か微妙に高いじゃないですか。
一瞬「んっふ……」とか鼻息漏らして値札二度見しちゃう感じじゃないですか。
タウリン1000ミリグラムつまり1グラムですけど、それで150円ぐらいでしたっけ?
大体、コンビニで。ビン入りで。
以降グラムごとに100円づつ高くなって3グラム配合だと350円ぐらいしますよね。
最低それくらいは飲まないと効いてる気がしないんで仕方なくそれ買うんですけども、
それでも効果持続時間が精々6ターンぐらいしかなくていや、何ですか、
1時間ぐらいしかなくてですね、この非常にコストパフォーマンスが悪いと。
困っておったわけです。おこづかいが地味に目減りしておったわけです。

そんで先日、いつものファミマでメガネの店長に、
「お前はいつになったら普通のKOOL ACEを入荷するんだ。俺はもう変な特典ライターは要らない
と、叱りつけてやろうと思いながら店に入りますと、ドリンク剤コーナーに何か
すごく見たことがないメーカーのドリンク剤が置いてあって、FX3000とか書いてあるの。
ほー、タウリン3000、いいじゃない、とか思いながら値段見ると100円
マジかよと思って値札二度見してやっぱり100円で、
成分表見て確かにタウリソでも夕ウリンでもなくタウリンだったから、
ジェネリック? これも一種のジェネリック的なアレかなあビックリだよと思いながら
5本握って即買いして3本飲みました俺。

9グラムのタウリンが体内にあると、何だか羽根が生えたような気持ちになります。
ご存知でしたか。人生わりとどうにでもなるような気分になります。
うんうんいけるいける、大丈夫大丈夫、明日のことは明日考えようよと思って、
どうせ支払いは来月だよと思って、軽い気持ちでDL版の
日本語入力ソフトと電子辞書を買ってしまっていました。
いやホント……ハハッ……どうしてこんなことになってしまったのか……
自分でも何が何だか……それさえあれば日本語が書けるようになる気がして……

うううっ!!
金さえ出せば何でも解決すると思うなよ俺!!!!!1
学びの不足を現ナマであがなおうとするその精神が卑しい!! 醜い!!
そもそもまず顔からして醜い!!!!  このデブ!!

うっうっ…… うっうっうっ……
日本中のみんなが少しづつバカになればいいのに……
三月はみんな討ち死に……
うへへ、三兄弟、いずれ現在どん詰まりのようで息もできやがらないのでしょう。

ジュンが書かないのはまだしも、きんたまが書いて来ないのは、やはり永久日直として
怠慢であるとしか言えないので
今月、上京の折にはしごきまくらねばと思っている次第ですが……。

*あ、先日、頑張ってきんたまは無事に日直の職務を果たしていましたね。めでたしめでたし(^-^)/
〈実はこの日記は三月末に書いていたもので……〉

というわけで

メフィスト『人類なんか関係ない

ランティエ『びきまん

webぽぷらビーチ『ダイナー

月刊本が好き『非道徳教養講座

月刊イーノ『平山さん、あんたキチガイだろう?


と、無事に脱稿いたしまして、今は竹書房恐怖文庫 『東京伝説 閉ざされた街の怖い話』
が絶賛炎上中であります。
超怖い話もそうでしたが、こいつも思えば既に十一巻目。本当に他人の子どもとコツコツ人生というのは成長の早いものでございます。

先月は高知から板チャンが新作のプロモで上がってきたのを皮切りに怒濤でしたね。
「夢ちゃん、あたし、こんどこういう本を出したんよ」
「え、あ……あなた」
と、いうしかありませんでしたが(^_^;)

とにかく先月の地獄の撮影&N.Y食中毒旅行の後遺症が祟ったのか前半はヘロヘロヘロリンで、
メフィストのAさんには塗炭の苦しみだったのではないでしょうか?
何しろ「平山、上がったのか?」という噂が文芸第三から
マガジン編集部へと飛び火しているのですから、
本当にK談社はどれだけ仲良しなんだと、どれだけのっぽビルなんだ、
と、いうくらいのものがあります。

さらに懸案の映画『大日本ノックアウトガール』ですが、

有り難くも京極先生が特撮をやってくれたのですが、
試しに付けてくれた効果音ありフリップ集が素晴らしい!

本当の仕置人みたいでした。機会があれば、どこかでチロリとお見せしたいなと……。

それから春日先生と飲んで、ラジオ屋さんと打ち合わせしてました。

あ、毎週木曜日になるとゴールデン街に咲いていた
あやかしの期間限定文壇スナック『Bar 木曜日』も無事終了されたようでメデタシメデタシ!

お客様第一号の菊池秀行先生はもとより西可奈子先生、井上雅彦先生、佐々木譲先生、黒史朗先生、山下昇平ちゃん、神足裕司先生、柴田哲孝先生、てっちゃん、内澤旬子先生、坂東眞砂子先生、梶尾真治先生、誉田哲也先生、児嶋都先生、綾辻行人先生、京極夏彦先生、薬丸岳先生、飯野文彦先生、三津田信三先生、ジュキアと、ざっとオイラが思い出せるだけでもこれらの人たちが訪れ、
またフジノッちを筆頭にした最強光文社軍団の面々と講談社ノリ、集英社ヤマゲン、SPAのナベチョー、竹書房ミゾッチらの応援によって大いに盛り上がっていましたね。
ママの中西アネ、チーママのハセジュンもよく頑張りました(^-^)/

これによって日本の文学界に何かが起こるとは到底、思えませんが、
一時のどんちゃん騒ぎとしては上出来でしたね。
つるかめつるかめ。


P.S



モノノ怪+怪~ayakashi~化猫 DVD-BOX (初回限定生産)モノノ怪+怪~ayakashi~化猫 DVD-BOX       (初回限定生産)
(2009/04/08)
櫻井孝宏

商品詳細を見る
に封入特典用
短編を書かせて貰いましたよーん(^-^)/




ご存知でしたか?
フォークリフトのツメの先(厚み約1センチ・幅10センチ、鋼鉄製)で
眼球をトンッと押すと、熱が出ます

あと偏頭痛と、肩凝りと、奥歯の痒みなども発症します。
目ン玉と云うのは、人体で何かのスイッチになっているのかもわかりません。
意外ですよね。
俺も意外だなあと思いながら、三十分ぐらい身動きが取れませんでした
危ない危ない。目玉の親父風にコロンとその辺へ落としてしまうところでした。
田の中勇さんの声で喋り出されたらどうしようかと思いましたハッハ。


何なんでしょうか一体。
先月は、およそ10日間ぐらいの間に、
仕事中に某氏が右足のくるぶしを粉砕骨折して現場がストップ、
親戚の某氏は夜の街で頭蓋骨にヒビを入れて脳内出血し、
家内は呼吸器官に発作を起こす系のアレを患いまして、
立て続けにパタパタパタッと入院致しました。
ついでに猫まで内臓疾患を起こしました。
危ない危ない。何だかよくわからないけど危ない。

幸い全員命に別状もございませんし、
いっそ休養になってよいわいなどと放言する者までありまして、
僕としてはまあホッと胸を撫で下ろしたりしておった次第なのですが
ホッとした結果がこれだよ!!
こんな有様で今月飛行機に乗って大丈夫なの!? 性行為! 神はそれを呪う!
あびゃびゃびゃびゃびゃびゃびゃびゃびゃ!!!1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。