〈独白する三兄弟が超怖い〉
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイ行ってきます。
彫順 『修行っす。修行……』


というわけではありませんが、

明日、バンコクへ行って

パトカーの後ろに乗って夜の町を巡回したり、

警官用の射撃場で弾撃ったり、

尻が火炎放射器のようになる〈辛い物〉を食べたり、

腐りかけの死体を見たり、爆破で散らかった人をゴミ箱から拾った人の話も聞きます。






さて先々週、ボローニャ→アムスだったのですが、その旅の最大の目的がこれ。
全世界の美術史を通じても最高峰の画家のひとり。

レンブラント・ファン・レインの奇蹟の一作。

『ヨアン・デイマン博士の解剖学講義』

真筆をこの目で見るため。


ヨアン・デイマン博士

レンブラントの代表作はもちろん『夜警』ですし、
同じく解剖学講義を題材としたものでは
『テュルプ博士の解剖学実習』
てゅるぷ

のほうがつとに有名なのですが、オイラは断然、こっち!

確かにレンブラント特有の光の調整も鈍いし、リアルなタッチでもない。
でもね、この解剖されている死体の有り様を見て!

脳を取り出すために頭蓋が取り払われているのですが、
〈莫迦のおかげで隠れちゃってますけれど、実物だと頭の皿は左の人が手にしている〉
捲り上げられている頭皮の垂れ様が死者を悼むベールのようになっているでしょう。
しかも腰布が抜き取られぽっかりと空洞となった体腔の下に
ふわりとかけられている。

そしてこのアングル!
まさに降架後のキリストのようです。
当然、頭皮がこのように伸びるはずのないこと、
レンブラントの神がかったデッサン力を考えれば
画家がそこに贖罪としての〈仔羊〉を意図して描いたことは明白。

さらに凄まじいのは本来、これは
『夜警』同様、組合の集団肖像画として
この六倍以上もある巨大なものだったのですが、
火災によって、そのほとんどが焼失してしまった。

つまり最も偉いデイマン博士〈後ろで頭皮を剥いでいる人物〉も他の誰も消えてしまった。
残ったのは死してもなお、皆の慰み者のように骨まで解剖される犯罪者の遺体と、
その横の人物のみ。
この人物の表情が哀しいんです。

この作品は偶然、起きた失火によって燃えたからこそ、この切れっ端になった。
そしてこの切れっ端であるからこそ、
単なる集団肖像画から〈科学と生け贄〉という巨大不滅のテーマを
画家が敢えて潜ませようとしていた意図と共に
引きずり出すことになったのですね。

うーむ。
うーむ。
素晴らしい!
〈トウキョーから見に来た〉
と、言ったら撮影を許してくれた
警備員のおじちゃん、ありがとう!




IMGP6331.jpg
スポンサーサイト
感謝!感謝!大感謝!!三刷決定!っす。
ありがたいことに

ダイナーダイナー
(2009/10/23)
平山夢明

商品詳細を見る


さきほど三刷!

の連絡がありました!

九年ぶり、三冊目の長編、いろいろな意味で〈勝負〉を賭けたつもりでしたので
本当に本当に嬉しいです。

ありがとうございました。
また少し物を書いて生かさせて戴きます。


アマゾン売り切れの際にはコチラ と コチラ と コチラ と コチラ と コチラ


いずれも、いまなら配送無料キャンペーン実施中〈だそうです〉

地方の叫び
おお……おおおおっ……!! おめでとうございます!
四国の片隅でも拝聴できるようになるのでしょうか?
そいつはいくら何でも流石にむりめでしょうか?
いやできるようになって頂きませんと俺はもうつらいです!!!

先日、革靴を脱いで崖っぷちに揃えるようなつもりでテレビを地デジに変えたのですが、
徳島の地デジは、アナログでは1・3・4・6・8・11・12だったチャンネルが
1・2・3の三つにまで減るというか喪失するというか欠損するということを後から知りまして、
ホントにフジとか朝日とか全然映らなくなったのでビックリして
オイもうわかったから悪い冗談はよせと、
いくら画質がどうのこうの云ってもあんまりにもあんまりじゃないのかと、
総務省の前まで行ってうんこでもしてやりたい気分になったのですが奇跡的にも
だけはお情けのような微弱なデジタル信号を拾うことができ、
津波は怖いけど沿岸部に住んでて良かったなあ生駒山には足を向けらんないよと
思ったのも束の間、大阪の地デジが拾えるなら何で4だけでなしに
6やら8やらが届かないのか、4だけ突出して強力な電波を発しているのか、
果たして本当にそんなことが有り得るのか、どうにもまだ
タヌキに化かされておるような気持ちで納得が行かない次第ですオラこんな村もうホント厭だ

田舎者だってバッカ聴きが聴きたい。
ぼくは FM東京さんを しんじています!


 ※ ※ ※ ※ ※


いつもいつも俺のようなクズにもお声掛けくださいます竹書房さんの方で先日、
ちらっと怪談を書かせて頂きました。
十三人もの共著で、何だか物凄い状態になってはおりますが、発売中の模様です。

恐怖箱 十三 (竹書房文庫)


あと、来月の10日? か、何かそのくらいに、新刊が出ます。
こちらも怪談。深澤夜(レンちゃん)というパツキンギフテッドと一緒に書きました。
コンセプトとしてわりと温故知新な空気を目指しておった筈なのですが、
結果的にはユル系(主に俺のパートが)に仕上がってしまったような気もします。
て云うか最初からユルいところを狙ってましたハッハすみません。
竹書房恐怖文庫の中でも、ちょっと立ち位置がヘンな本と云う感じで、ひとつ。

恐怖箱 しおづけ手帖

予約受付中? のようです。どうぞ宜しくお願い致します! えへへ
バッカみたい、聴いてランナイ!
えー。

いま、アムスっす。

というわけで、実はこそこそと始めています。

FM東京『バッカみたい聴いてランナイ!』ですが、

HPができあがったようで……。

バッカ聴き

このあいだスタッフのコニちゃんに
『ねえ、もっとみんな聴けないの』
『聴きたい人いるんでかねぇ。京極さんがいなけりゃ、ただのキチガイのたわごとですよ』
『でも、もうちょっとぬるっとしてもいいんじゃないの?』
『根っからの、かたわですなぁ、あんた』

などとゴネていましたら。

10月の聴取率調査結果速報がでまして、

35歳~49歳の女性において、

ニッポン放送と並んでトップとの連絡。


これは、すっばらしいですよ(^o^)/


p.s

だからってわけでしょうか、
片輪のキチガイのうわごとを、ありがたくも京極先生が全力で治療する番組(© 町山智浩)

『バッカみたい聴いてランナイ!』

近々、さらなる垂れ流しを始めるそうです。



旅行の浮かれ話ばかりじゃねえかよ!
と、叱られてしまいそうなので。

ご存じ、こいつ
ダイナーダイナー
(2009/10/23)
平山夢明

商品詳細を見る


に登場する。

時価ウン億円という〈歌姫〉のモデルをご紹介。

カナコの命綱

ダイヤで濾過し、ダイヤを含む最高級の宝石で着飾った一品。

〈ディーヴァ・ヴォッカ〉
なんだよ!
喰ってばっかりいやがんのかよ!

との声が聞こえてきそうなので。


ボローニャの有名人をご紹介。




まず〈鈴木さん〉

鈴木さん

給料全額叩き込んだ馬券が、
目の前でゴミになったときの悔しさが
よく出ています。







続いて、子だくさんの〈曾我部さん〉


曾我部チルドレン


みんな、すやすや。
気持ちよさそうです。

ボローニャでボロネーゼ
手打ち平麺パスタのボロネーゼ。
おいしいけれど三杯食べると腹にもたれることが、わかるようになっている。

ボロネーゼ

『アンナマリア』という店で。
>>続きを読む
どうしたのでしょうか?
すみません。

なんかマッチャンとのイベントの予約券が売り切れてしまったようです。

なんでだろう?

機械の故障でしょうか?

ああ!早く赤ん坊の頭みたいなミートボールの載ったボロネーゼスパゲッキイが食べたい!
イタリアにつきました!
どんぶらこどんぶらこの流れ流れて、先程つきました。

死ぬほど眠いので寝るっす。

で、12/5に、こんなことをするようです……。

ろふとちゃん


アメリカの真実を知る男と世界一陽気なホラー作家が無事アメリカ地獄旅行から帰って来た! KKK! キリスト教原理主義! 魔女の洞窟! アメリカの真の暗部が今日暴かれる!

【出演】
平山夢明(作家)、町山智浩(映画評論家)、柳下毅一郎(映画評論家)、高橋ヨシキ(デザイナー)、多田遠志(ライター、猛獣使い)(予定)

OPEN:11:00 START12:00

予約\1500/当日\2000(飲食別)


http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/reservation/reservation.php?show_number=58

………………………………

上記アドレスから予約できます(1人2枚まで)。当日も出る予定です。

すみません! 緊急開催、特別編のため… ちくわぶ出ませんm(__)m

時間も昼ですのでご注意ください。
ありがとうございました!



増刷になりました~!(^o^)/





ダイナーダイナー
(2009/10/23)
平山夢明

商品詳細を見る
帰ってきました!
先週、無事というか、あまり無事しゃない感じでアメリカ南部すっとこ旅より帰ってきました。

途中、宇宙飛行士に現ナマを叩き付けるというハプニングもありましたが、
ひとり、鼓膜を化け物銃によって破ったのと
ものすごい臭いちくわっ屁を毎日、かまされていたことを除けば、おおむね感度良好ということでした。

実話怪談候補作をワイキキビーチでジャーキー喰いながら読みまして、
映画館では遭難しかけまして、
イタメシ屋のお姉マンにはレモンアイスを奢って貰ったりしていました。

帰国後、実話怪談賞の選考会。
人様が丹精込めてこしらえたものに上下をつけられるほどの人間じゃありませんので、
本当に申し訳なく、また誠実に考査させていただきました。

素晴らしい作品が多かった。
一点、『稀なる実話使い』となるのであれば『実話を、ねじ伏せる』気概は不可欠かと……。


土曜日は品川で宇宙飛行士のリロイ・チャオさんと。

それと旅行中にご恵贈戴いていた綾辻先生畢竟の大傑作!
AnotherAnother
(2009/10/30)
綾辻 行人

商品詳細を見る


昨日、その前と都内近郊の書店周りをさせて戴いたのですが、どこへ行っても山積みの盛況ぶりに
圧倒されました。

しかも、読んだ人全員が『これは最高傑作ではないだろうか……』と嘆息するという
モンスター級の小説です。

天才が本気を出すと、かくまでも怖ろしいものを仕上げるのかと……。

明日からのイタリアおんぼろ旅行の機内で大切に読ませて戴きまする。
11月ですね
火事――と云うほどではないのですが小火、……焚火?
いや、精々灰皿の上でチャーハンみたいになった吸殻がぶすぶすくすぶっておる程度の、
しかもそれをうっとりした目で只眺めるだけと云ったような末期的様相の、
そんな毎日でございましたものでここ数週間、
何とやらん口の中が電子タバコのニコチンで粉っぽくなっております俺です。

やらなければならないものを全部やってからゆっくり堪能させて頂こうと思っておりました
平山先生の最新代表作『ダイナー』でございますが、先月の終わりごろ、
あっ俺このままだと終わっちゃうんじゃないかな、吸殻食っちゃうんじゃないかな、みたいな
尋常ならざる終末感に襲われまして、冥途の土産とでも思ったものでしょうか、
気が付いたら既にあの分厚いボンベロバーガーを、ぱらりぱらりめくり始めておりました。

多分、読み始めたのが零時ごろでなかったかと思います。
次に時計を見たら五時でした。
一瞬自分に何が起こったのか、ちょっとリアルにわかりませんでした。
開いているページは「あとがき」になっておりました。
何と云う強制力。
最初の方とかポプラビーチで更新のたび、繰り返し読んでたはずなのに、
何回読んでも惹き付けられる。ギューッと吸い込まれる。
ブッ壊れたトロッコが魚の骨みたいな線路を猛スピードで走り抜けて行くのにも似て、
止まったら終わりみたいな感じが最初から最後まで続く、続く、続く、
と云うよりももう限界まで加速が掛かって最終的には戸板一枚しか残って無いみたいな状態で
それでもまだ走ってる、走り続けて突如最後のページがドン、
と云う感じの疾走感がありましたよね怖い。
この獰猛さが怖い。
先生今度サイン下さいどうぞ宜しくお願い致します。
堪能致しました。ありがとうございました。


 ※ ※ ※ ※ ※


先生はそろそろお帰りになられているのでしょうか。
無事に帰国されたのでしょうか。
熊殺しみたいな拳銃をブッ放しまくられたご様子ですがその瞬間を映像で見たかった。
一瞬、本物の「ダイナーの客」の目になっておられる先生の姿が目に浮かぶようです。
生存報告、お待ち申し上げておりますかしこみかしこみ。


 ※ ※ ※ ※ ※


あと、ジュキアくんと金網がないサファリパークみたいなところに行く夢を見ました。
ジュキアくんは何故かジャージ姿だったので、俺はひとりハラハラしていました。
俺は俺で宇宙服っぽいものを着ていました。カッコよかったです。
おしまい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。