〈独白する三兄弟が超怖い〉
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暖かくなってきましたね
先日、高知の坂東先生のお宅へまたお邪魔して、
ミートソースのペンネをご馳走になってきました。
平山先生を歯軋りさせようと思って云うのではありませんが、
やっぱり一瞬絶句するほど旨かったです。
ふぇっへっ。ふぇっへっへっへ。


勿体無くも、御新刊を頂戴しました。
『「子猫殺し」を語る――生き物の生と死を幻想から現実へ』
実は僕、猫を10匹飼っています。
ここで今、貧弱な持論をぶつつもりは毛頭ございませんけれども、
近所の人達からガチで「猫屋敷の主人」と認識されるレベルの真性の猫狂いの僕は、
この本を強く、皆様にお勧めしたいと思います。

僕も当時、断片的断定的な情報のみをソースに、件の騒動を拒絶しました。
意図的に思考を停止させ、ヒステリックに叫ぶしかすべがなく、
そうすることが当然の行為だろうと思っていました。
確か、うちにはまだ3匹くらいの頃だったと思います。

しかし、2匹拾い、1匹拾い、また2匹拾い更に2匹拾い――とどんどん猫が増え、
とうとう11匹目の捨て猫が家の前に現れ、
これ以上猫を拾い続けるとどうなるのかと云うことを真剣に考えさせられた時、
自分が一体何をしているのかと云うのを真剣に見詰めなおした時、
僕はお腹の中が腐ってしまうような、何を食ってもホントに新聞紙の味がする生活の中で
苦い苦い懊悩の末、ひとつの事実に気付かされました。
ある結論に思い至りました。

この本の中の、特に坂東先生と佐藤優さんとのご対談の中に、
僕は当時の自分の苦悶を再見し、更に深化されたご考察を拝読しました。
佐藤優さんは、多頭飼いの愛猫家でいらっしゃいます。
そして坂東先生も、真摯な愛猫家でいらっしゃいます。

これは猫を飼っている人、動物を飼っている人の全てに、
ペットは家族の一員だと云う文化に育った、全ての人たちに
是非読んでほしい本だと思います。一緒に考えてほしいと思います。
激昂して拒絶するのは簡単で、そこには理由すら必要ではありませんが、
苦しいのを承知で真剣に向き合ってもらいたい問題も、世間にはあります。
あると思います。
自省を込めて、そう思います。

すみません何かちょっと俺、KYですか?
いや、でもうん、タマにはこんなエントリーもしてしまいますがご寛恕ください。
猫だけに。なんつって。


坂東先生にはこんな僕の幼稚な放言までお聞き頂きまして、
本当にありがとうございました。ペンネにケーキ、ご馳走さまでした。
コメント
「人は神ではない」から「他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない」
というのが坂東氏の主張ですよね?
捨て猫とこの問題は異なるように思うのですが、いかがでしょうか?
2009/03/03(火) 16:01:22 | URL | J #mQop/nM.[ 編集 ]
 
前提としてはっきりさせておくべきだと思うのですが、僕と、坂東先生との「猫の飼い方」は、異なっています。
猫、ひいてはペットに対する考え方に、決定的な違いがあります。
なので、ここで坂東先生の立場を代弁することはできません。
この点はご承知おき頂けたらと思います。

その上で、そう云った立場の違い/考え方の違いをしっかりと見定め、実際の自分の行動と照らし合わせて考えていく上で、上記にてご紹介させて頂いた本がとても参考になったと云うのが、本エントリーの趣旨でした。

ご期待に沿える回答ではないかも知れませんが、「飼う」「捨てる」「避妊する」「殺処分する」「ブリーディングする」「拾う」などあらゆる行動の主体は、人間にあると云う意味で、全ての問題は通じているだろうと思います。
とても難しい問題ではありますが、より本質的な部分をとらえるために、立場の違う方の意見をしっかりと咀嚼してみることも、すごく大切だと感じます。

難しいですね。難しいし、苦しいです。
2009/03/03(火) 17:18:59 | URL | 松村進吉 #SFo5/nok[ 編集 ]
坂東さんの主張は当時から二転、三転しており、混乱を受けました。
新聞の記事も挑発的で、ホラー作家としての演出かと思った程です。

一度ああいう形で意見を主張した人の考えが受け入れられることは難しいと思います。また、動物に対する権利の法律が坂東氏が住んでいた場所と日本では異なりまた難しい問題となっています。

もう少し考えて整理してから、松村氏もこの本を紹介するべきではなかったのでしょうか?

正直言って、あなたの主張や考えというものが分かりませんでした。
2009/03/03(火) 20:46:35 | URL | カイピ #mQop/nM.[ 編集 ]
 
確かに、諸々と言葉足らずだったかと思います。
突っ込んだ各論には触れておりませんし、僕自身、理念として広く誇れるまでのものは持ちえていません。
お恥ずかしい話ですが、やっぱり、心の中は矛盾だらけです。
こいつは矢鱈と猫を飼ってるんだな、猫を飼うことについて考えたりしてるんだな、くらいのところでご寛恕頂けましたら幸いです。
ありがとうございました。
2009/03/03(火) 21:51:48 | URL | 松村進吉 #SFo5/nok[ 編集 ]
はい。

よくできました合格!
2009/03/05(木) 03:17:41 | URL | ゆめ #Yb/00mF2[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。