〈独白する三兄弟が超怖い〉
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一週間なんて一瞬ですね
やばいやばいそろそろマジやばいと念仏みたいに呟きながら、
ふと気が付くと、何故かシネコンの肘掛けを嫁と奪い合っていた。
あれっと思ったら予告編が始まって、あれあれっと云う間にカーチェイスになった。
始まっちゃったら仕方がないなあと思って、観念して、ゆっくり背もたれに身を預けた。

『007/慰めの報酬』を観てきた。いまごろ。

俺はもうずっとオープニングが楽しみで楽しみでしょうがなかった。
正直オープニングをみるために行ったみたいなところもあった。
前作ほどではないけど、やっぱりよかった。何かグイングインしてた。
グイングインしてて超よかった。

唯一のハイテクアイテムが携帯だけ、あとのごちゃごちゃはもう全部現金筋肉
どうにかなるだろうぐらいの非常に場当たり的な、ほとんどガテン系みたいなノリのスパイ
007:ダニエル・クレイグが俺にとっては本当にヒーロー。かっこよすぎ。
かっこよすぎて整形したいぐらい

前作の森新一に比べたら今回はちょっと地味なタイプの悪者だったけど、
でもすごいウザキモい感じで、格闘になると棒振りながら「キョヒィー! ヒィー!」とか云うし、
早く死ねばいいのにみたいなうっとうしさはよく伝わってきた。ウザかった。安い詐欺師。

全体に今シリーズ特有のシャレでやってる感じは健在で、
シャレでやってるのにカッコいいみたいな、シャレだけどマジだよみたいな、
何て形容したらいいのかわかんないあのもっさりしててスピーディな独特のケレン味は
これからもずっと続けて欲しいと思いました。
やっぱり俺も土建屋をやめてスパイになろうと思いました。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。