〈独白する三兄弟が超怖い〉
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三月はみんな討ち死に……
うへへ、三兄弟、いずれ現在どん詰まりのようで息もできやがらないのでしょう。

ジュンが書かないのはまだしも、きんたまが書いて来ないのは、やはり永久日直として
怠慢であるとしか言えないので
今月、上京の折にはしごきまくらねばと思っている次第ですが……。

*あ、先日、頑張ってきんたまは無事に日直の職務を果たしていましたね。めでたしめでたし(^-^)/
〈実はこの日記は三月末に書いていたもので……〉

というわけで

メフィスト『人類なんか関係ない

ランティエ『びきまん

webぽぷらビーチ『ダイナー

月刊本が好き『非道徳教養講座

月刊イーノ『平山さん、あんたキチガイだろう?


と、無事に脱稿いたしまして、今は竹書房恐怖文庫 『東京伝説 閉ざされた街の怖い話』
が絶賛炎上中であります。
超怖い話もそうでしたが、こいつも思えば既に十一巻目。本当に他人の子どもとコツコツ人生というのは成長の早いものでございます。

先月は高知から板チャンが新作のプロモで上がってきたのを皮切りに怒濤でしたね。
「夢ちゃん、あたし、こんどこういう本を出したんよ」
「え、あ……あなた」
と、いうしかありませんでしたが(^_^;)

とにかく先月の地獄の撮影&N.Y食中毒旅行の後遺症が祟ったのか前半はヘロヘロヘロリンで、
メフィストのAさんには塗炭の苦しみだったのではないでしょうか?
何しろ「平山、上がったのか?」という噂が文芸第三から
マガジン編集部へと飛び火しているのですから、
本当にK談社はどれだけ仲良しなんだと、どれだけのっぽビルなんだ、
と、いうくらいのものがあります。

さらに懸案の映画『大日本ノックアウトガール』ですが、

有り難くも京極先生が特撮をやってくれたのですが、
試しに付けてくれた効果音ありフリップ集が素晴らしい!

本当の仕置人みたいでした。機会があれば、どこかでチロリとお見せしたいなと……。

それから春日先生と飲んで、ラジオ屋さんと打ち合わせしてました。

あ、毎週木曜日になるとゴールデン街に咲いていた
あやかしの期間限定文壇スナック『Bar 木曜日』も無事終了されたようでメデタシメデタシ!

お客様第一号の菊池秀行先生はもとより西可奈子先生、井上雅彦先生、佐々木譲先生、黒史朗先生、山下昇平ちゃん、神足裕司先生、柴田哲孝先生、てっちゃん、内澤旬子先生、坂東眞砂子先生、梶尾真治先生、誉田哲也先生、児嶋都先生、綾辻行人先生、京極夏彦先生、薬丸岳先生、飯野文彦先生、三津田信三先生、ジュキアと、ざっとオイラが思い出せるだけでもこれらの人たちが訪れ、
またフジノッちを筆頭にした最強光文社軍団の面々と講談社ノリ、集英社ヤマゲン、SPAのナベチョー、竹書房ミゾッチらの応援によって大いに盛り上がっていましたね。
ママの中西アネ、チーママのハセジュンもよく頑張りました(^-^)/

これによって日本の文学界に何かが起こるとは到底、思えませんが、
一時のどんちゃん騒ぎとしては上出来でしたね。
つるかめつるかめ。


P.S



モノノ怪+怪~ayakashi~化猫 DVD-BOX (初回限定生産)モノノ怪+怪~ayakashi~化猫 DVD-BOX       (初回限定生産)
(2009/04/08)
櫻井孝宏

商品詳細を見る
に封入特典用
短編を書かせて貰いましたよーん(^-^)/




コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。