〈独白する三兄弟が超怖い〉
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怪談之宴@きゅりあん
ありがたいことに
僕まで呼んでいただき、登壇もしてきました。
今年の会場の「大井町きゅりあん」で僕はかつて成人式をやりました。なんとまあ12年前です。

完全なる門外漢ながらヒラヤマ枠の幸運と、ダ・ヴィンチ編集部様のご厚意により、怪談作家JAPAN代表の先生方に混ざらせていただきまして、ほんとすみません。恐縮と感激でもみくちゃでした。関係者各位ありがとうございました。
諸先輩方がたくさんいらっしゃるなか、何人かの方とお話しすることもできました。
もう勉強になるやら、うれしいやらで。後日なんであんなこといったんだ、とか、ああこれも訊いてみたかったとか、はらわたが黄色くなるくらいの後悔が渦巻き、数日は使いものになりませんでしたが、いつものことなのでそれはもういいです。

打ち上げ後、秘宝館のような某温泉旅館に泊まりにいき、出演者のみなさんと十数人で風呂に入りました。
これで裸のつきあいと自慢しても嘘にはなりません。
余談ですが、平山さんはマッチョです。松ちゃんが屈強なのはいわずもがな、筋肉と脂肪がほどよくついている感じで、お二方とも「肉」としてすこぶる美味しそうだと思いました(あ、俺はゲイじゃありません)。すいません俺が言いたいのはですね、精神は肉体に宿るというようなことでして、俺も二人を見習い、レクターが垂涎するようなウマそうな肉体になりたいと思いました。

その後、浴衣で部屋に鮨詰めになり朝方までのんべんだらりんと話しました。それからセキグチ編集と松村君と川の字になって就寝。
すげえよかったです。浩然の気を養わせていただきました。
御来場のお客様、スタッフと出演者のみなさま、かさねがさねありがとうございます。
おつかれさまでした!
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。