〈独白する三兄弟が超怖い〉
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
御礼デラックス
もう二月末になってしまいましたね…

年明けから僕はどこに行っていたんでしょうか。
記憶があいまいです。

わたくしごとで恐縮なんですが、
今年はなんといっても結婚披露の宴からはじまりまして、
四つの賞をいただいた各社の、ともに作品を世に送り出した戦友であらせまるする編集者のみなさん
にご来賓いただき、たんまり祝福をちょうだいしまして、
さらになんと、平山先生、京極夏彦先生、福澤徹三先生の三巨頭にご祝辞をちょうだい
するという僥倖にあずかりました。
これは圧巻で、たいへんにドキドキしましたが、
噛みしめるほどに、ああ生きていてよかったと思う次第です。

福澤さんは金バッジにチャカですし、京極さんは国内の怪異をすべて背負われておるような
異貌(次回のダ・ヴィンチは京極特集!すげええ…こっそり編集Rさんの打ち合わせを盗み見ました)
それに平山さんも、ロマンスグレーなのにふさふさな毛髪量がやたらノワールな気配をかもしていると思うのは
僕だけでしょうか。この御三方と接しておりますとどうしてもなにかの一味のように見えてきてしまうのは
僕だけでしょうか。そのうえ博覧強記、筆一本で世界を創造する人たちときたら、かっこよすぎます。
上司などの存在しない僕には、いつも雲の上に見仰いでいる先生方に御祝辞をいただけたのは、
身の震える光栄でありました。

兄者にあたる松村進吉氏にも、二次会の音頭をとっていただきまして、
どっちゃりと映画屋に地下芸人、中高からの盟友、ごろつき仲間も駆けつけて
腰の抜けるようなありがたき祝宴となりました。

ただならぬ威光を放つ三巨頭と、なぜかボウズ率の高い編集者、
怪談界の若き牡獅子・マッチャンの参列に、親戚一同は「…本当に小説界に入ったのか?」
と騒然としていたのですが、
もうカタギじゃないんだぞ、のっぴきならない非カタギな業界に踏みこんだのだ、
ということが如実に伝わったのではないかと思い、悦ばしいかぎりです。
「いったいどういう道を極めようとしているのか」
を理解をしてもらえたのではないかと思います。ありがとうございます!


で、翌日から仕事場に籠り、落武者のような風貌で肌とか羊皮紙みたいになりながら、
ティッシュ屑が貼りついてるみたいに唇カサカサにしながら、長編小説を書いておりましたが、
やっとこさ入稿し、来月末には書店にならぶ模様です。

『バイブルDX』(メディアファクトリー刊)です。
バイブル・デラックスと読みます!聖書を題材にとりました。

悪あがきのドミノ倒しで、担当編集H女史とスリリングなやりとりを交わしつつ、
人事を尽くせたんじゃなかろうかと思います。ごめんなさい、といくらいっても足りないくらいの
御迷惑をおかけしまして、Hさんごめんなさい。あのような狼藉ざんまいはもう二度としませんので、
まじでお赦しください。

『RANK』のときもそうでしたが、こうやって瀬戸際でデス努力でまくるような執筆体勢を、
いかにして脱け出すかが今後の命題ですほんとうに。

いまは脱稿後のホケッとしたエアポケットにいます。
きのう一日はボーッとしながら、ただ唇の甘皮だけを剥いてました。

数日は映画観たり、本を読んだりしてインプットにあてようと思います。
次の仕事が決まっているのは、ほんとうにありがたいことです(ToT)/~~~
がんばります!!!




コメント
結婚おめでとうございます!

そして新刊も発売ですか!
楽しみです!
2010/03/01(月) 14:05:25 | URL | kikai #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。