〈独白する三兄弟が超怖い〉
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いいキモチですね
そんでまあ先週、ちょっこし上京しておったわけです。

弟子ふたりして、平山先生のご受賞をお祝い申し上げて参りましたわけです。
先生はいつお会いしましても真夏の太陽めいたソウルを放出されておられますもので、
二日も続けてご一緒しますと相当量のエネルギーを浴びることになり、
実際ジュキアくんなど翌日寝込んだそうでありますが、
これは暑気あたりのようなものであろうと思います。無理はないのであります。
紫外線を浴びなかっただけマシということであります。
僕も帰郷後しばらく自失状態となりまして、突如日本語がたどたどしくなって家族に嗤われたり、
キーボードの表面が何やらざわざわと勝手に蠢いておるように感じたり、
猫の尻から糞がひり出されるのを注視してしまったり、ラジオの録音に失敗したりしました。


あそうだ、とうとう「東京ガベージコレクション」が地元でも聞けるようになっておりまして、
俺はもう呑みの席にいらしておりました東京FMのお兄さんに、
飯泉知事に代わって徳島県を代表し、心より、御礼申し上げました次第です。
これでもう思い残すことはないと云うのは流石に過言ですがとりあえずよかったなあ。
本当によかった嬉しいです。ただならぬ多幸感をかんじる。これは殆ど奇跡でしょう。


奇跡といえば真藤順丈先生の「バイブルDX」ですが、皆さんもうお読みになられましたか。
上京二日目、ジュキアくんとふたりきりで六時間近く胸襟を開き、
互いの胸毛の生え具合を確認し合っておった際、この力作の感想とかをですね、
俺が喋ろう喋ろうとするんですけどジュキアくんどういうわけか聞くまい聞くまいとするんです。
何か帽子で顔の上半分を隠して横向こう横向こうとするんです。
あっ、こいつテレてるな、と思って。可愛いヤツだなあと思って、
俺は一種の厭がらせとしてこのブログの場でも意図的に感想を書こうと決めました。
だから今から書きます。

バイブルDX」は、皆さんご承知のとおり「地図男」に続く
書物シリーズ第二作となるわけですがまさに「地図男」の正当進化ともいうべき広がりと、
疾走感の溢れる快作に仕上がっております。
物語を一本の樹とするなら、その枝葉の見事な茂りように作品の奥行きを感じるものです。
今作も、「おーこれは生命力のある樹のようだな」と思いながら少しづつ見上げて行きますと
何と突然真ん中でボッキリ折れており、うわっどうするんだこれと読者を仰天させるのですが
恐るべき事に折れた樹が折れたまま斜め上に伸び続けて、また折れ、また伸びるという、
それはもう一種の力技的園芸技法を駆使されておるわけであります。

あれ? ねえジュキアくん、この喩えって、誰かがそう云ってたって話だっけ?
それとも俺らの話の中で出てきたもの? ちょっとわかんなくなってきたな。
流石に六時間は長かったからな。まあいいや、とりあえず今回もすごいですよアハハ。

バイブルDX(デラックス) (ダ・ヴィンチブックス)バイブルDX(デラックス) (ダ・ヴィンチブックス)
(2010/03/17)
真藤順丈

商品詳細を見る


やっぱこういう牽引力のある話、面白いですよ。
聖書を相手に、よくぞ書き上げられました。
必読!!


ホントこのジュキアくんのたゆまぬ努力を見習わないとと、
常々思っておるわけですけれどもとりあえず、今度僕、
ケータイサイト「電子書籍パピレス」さんの方で、
週一の連載風なことが始まる模様です。いや始まってました。
実話怪談無料連載、「異聞フラグメント」というシリーズです。
ロハでご覧頂けます。ここが重要。
まだ軽い軽いジャブの一発のみですが、毎週木曜に一本づつ載って参りますので、
どうぞ待ち時間などにでも思い出されましたら、ちらっと覗いてみて頂けますとさいわいです。

ケータイから「パピレス」でご検索くださいませ。えへへ。


あっと、そうだ!
ひみつコメントとかありがとうございますいつも超うれしいです!
今後とももりもり書かせて頂きますので何卒!

それじゃ!
コメント
いやね、松村さん。
どうしても自分の本を既読の人とは、いまいち羞恥で話しづらいですね。
なんだか身体の半分は、貧乏ちゃま的に裸をさらしてるみたいな、
脳みそをX線で透過されているような、コッ恥ずかしさで挙動不審になる。
〈一生涯・どこぞの馬の骨〉を信条とする自分としては
「なんかこの馬骨、小説なんてものを書いてるらしいが、何を書いてるかは
よう知らん」という未知数なだけに先方が想像でいかようにも補正してくれそうな
そういう感じがいちばんあんばいがいいのですが、もちろんそんな甘ったれたことは
いっていられないわけです。デビューからもうすぐ二年になりますが半アマ半プロ感が
抜けません。ことにリリース直後は、世間からドロンしたいような遁走欲に駆られます。
いやそんな、俺の自意識過剰はどうでもいいんだ。

松村さん、感想ありがとう。
皆様におかれましても『バイブルDX』を
どうぞよろしくお願いいたします。
2010/04/22(木) 02:20:56 | URL | 順ジョウ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。