〈独白する三兄弟が超怖い〉
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そりゃ寝込みます
昨日、松ちゃんに紹介してもらった拙作『バイブルDX』では
今月号の「ダ・ヴィンチ」の他にも、
最新号の「anan」や「PCfan」でインタビュー記事ご掲載いただきました。
よろしければ合わせて御覧ください。

先週の飲みでおもに思ったこと。

 ○平山さんが隣で連呼している「ゲ。ゲ。ゲ。水。水」ってどういう意味だろう?

 ○田辺青蛙はなんでこんなにデレデレした顔をしてるのだろう?

 ○『シャッターアイランド』がコケた今、映画は何を楽しみにしたらいいのだろう?

 ○師匠がおりおりに発する「か○○○○こ」などのフレーズは破壊力がありすぎる。

 ○松村進吉の超弩級の手先の器用さは、一体ぜんたいどうしちゃったのだろう?
  タウン誌の企画で、ユンボで習字をしたこともあるらしいし、
  アレをナニするためのすごいモノも手製しちゃうらしいっス。

 ○しかしなんといっても、近々当ブログにもアップされるのではないかと思いますが、
  松村進吉が受賞祝いに製作&贈呈した、世界でひとつのボンベロ&菊千代フィギュア
  海洋堂も吃驚の傑作だった! たまげた!
  お、俺もいつか作って!

 ○今年は先生と松村君と俺、三者三様で世間にがぶりと食らいつくような
  快作をしかけることができそうだ。武者震いします、ダイナーにつづけ!
 
あと下半期に、平山さんと俺とで変則的で面白いプロジェクトをたちあげることになりそうです。
乞うご期待!


最後になりましたが、こちらは福澤徹三オジキの新刊文庫。刊行のたびにご恵贈ありがとうございます!
『真夜中の金魚』こと通称マヨキン。

真夜中の金魚 (角川文庫)真夜中の金魚 (角川文庫)
(2010/03/25)
福澤 徹三

商品詳細を見る


大藪春彦賞受賞作品の『すじぼり』の系譜に属する青春アウトロー小説です。
わたしく事ですが、表紙が拙作「庵堂三兄弟~」の装幀イラストを書いていただいた
遠藤拓人さん、という符合も嬉しい。
福澤さんは言わずと知れた怪談界の雄ですが、肚のうちのやさぐれた反骨心を燃料に生きてきた
俺なぞは、こちらのアウトローラインにも異常にぐいぐいと惹きつけられるのです。
マヨキンはすじぼりよりもさらに福澤さんの原液が注入されているのではないか、と思えるような
傑作です。自分は前年の黒聖書「怖い話」にひきつづき、福澤イズムにノックアウトされました。
こちらも必読!
コメント
ボンベロ&菊千代フィギュア
プレミアものですね!
ゴミ鍋で実物を見てみたいです☆
2010/04/22(木) 21:39:13 | URL | ぽん。 #1/mX63IA[ 編集 ]
マヨキンすじぼり系、これこそ福澤先生のA面だと思うんだよ。もっともっと読みたいよね!!

ボンのビネットで一番悩んだのはベースです。
100均で買った6センチ立方の木材に、薄くそいだ竹を並べてフローリングをでっち上げました。
また作りたい!
2010/04/23(金) 09:04:58 | URL | #SFo5/nok[ 編集 ]
先日は
濃い夜でございましたね。お疲れ様でした。あんなメンバーの集まる夜も珍しいかぎり。いつまで続くかわからない【木曜日】でございまするが、またくるでしょ?企みもあるし(笑)。
2010/04/24(土) 23:18:20 | URL | 木曜日 #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。