〈独白する三兄弟が超怖い〉
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みちのくむかしばなし「きんたまたろうのぼうけん」
まつむらのおにいさんへ

こんしゅう ぼくわ とうきょうでおあいする きんたまのおにいさん
おみやげをかいに いきました

ひらやまのおぢさんから

「しんきちくんは ばいあぐらが すきなんだぞ」

と きいたので
あしを ぼうにして さがしまわりました

けれども どこにいっても ないのです

やまがたの やまおくふかくにすむ やまぶしのおぢさんに
「ばいあぐらが ほしいのです」と おねがいしたところ
ほらがいのとがったところで のうてんを たたかれました
なんども なんども たたかれて そのたびに 
「ふおっ ふぉっ」と ほらがいが なりました


おそれざんの いたこのおばあさんに「ばいあぐらは どこですか」ときいたところ
「こんばんわ ノストラダムスです じんるい みな しあわせになあれ」
という はなを さんかい かみおえた てぃっしゅよりも やくたたずな
ことばしか いただけませんでした

きんじょにすむ ものしりの おぢいさんが
「ばいあぐらは ほんにんいがいは かえないのじゃよ」
おしえてくれました

かなしくなった ぼくが おんおんとないていると
おぢいさんも さるまたに てをつっこみながら
がりがりがりがり おとをたてて いんのうを かきむしりました

おんおんおんおん
がりがりがりがり


ふたつの おとは はーもにーのように きょうめいしながら
いつまでも いつまでも やまにこだましていましたとさ

おしまい

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。