〈独白する三兄弟が超怖い〉
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いてつくはどう
 
ガリガリくんみたいに凍りついた手指と辛うじてユニクロで守られている腕との境界、
手首から前腕にかけての部位が、なぜか格別だるいです。
ゴムびきの軍手は寒風をふせぎこそすれコチコチに固く重く冷たくなりますから、
氷水に手を浸けっぱなしにしているのとあまりかわりないように思います。
顔面ではあるかなしかといった貧相な鼻の感覚が失せ、頬は硬直し、瞼だけが厭に熱いです。
まばたきをすると眼があたたかいです。
なので必要以上にしばしばと、瞼を動かし続け、時折ギューッと閉じたりして、
かそけきかそけき暖をとります。

 ※ ※ ※

通行止めの路地の現場に、ガードマンの制止を無視して軽トラックが入って来ます。
鉄板やら型枠やらユンボやらを広げてある作業区域に頭から突っ込んできて、
僕らの目の前で停まります。
運転しているのは60代後半の、農家らしき男性です。
何か用なのかなと思いしばらく見ていると、男性はフロントガラスの向こうから、
節くれだった指でユンボを指差します。
「どかせ」という意味のようです。
僕はゆっくりと瞬きをしながら、腰にさげた重い釘袋をゆすりあげ、
「通るんですか?」と口パクをします。
男性はハンドルの上を手の甲で扇ぎます。
「早くどけろ」という意味のようです。
振り返って親父の方を見ると、親父は僕に小さく首を振り、型枠を移動させ始めます。
僕はもう4秒ほど軽トラックを眺めてから、釘袋をはずし、ユンボに乗ります。
男性は僕のトロトロした動きを苛立たしげに見つめています。
バックするユンボのキャタピラに合わせて、じりじりと接近してきます。

僕の頬が、わずかにねじれました。
顔面が凍っていて、よかった。

 ※ ※ ※

今夜は家内がおりませんので、マクドナルドを食べました。
これから先日衝動買いしたDr.HOUSEを一話か二話観ましたうえで、
平山先生の年賀状に何故ねずみ男が描いてあったのかを思案しながら、
電気毛布にくるまって寝てやろうという算段でおります。


怪談熱 (角川ホラー文庫)怪談熱 (角川ホラー文庫)
(2010/12/25)
福澤 徹三

商品詳細を見る

福澤先生の『怪談熱』、文庫化されております。
いつも頂戴してばかりで誠に恐縮です、すみません。
僕は傑作ぞろいの福澤先生の短編の中でも「憑霊」がむちゃくちゃ好きでして、
異形コレクションの「心霊理論」で拝読しました時にマジに背骨がビリッと痺れ、
あっ、これだ、と思いましたものです。

『怪談熱』、拙著『異聞フラグメント』と同日にご発売だった模様で少しうれしいです。
二百年ほど昔の同日にはグリム兄弟の『童話集』初版も刊行されておりますが
それはあんまり関係ない。いや関係なくもないか。
あれも拙著同様「聞き書き」でしたね。

怖い噂 VOL.8―世の中の”怪”を読み解くエンターテインメント・ミステリアス・マガジン (ミリオンムック)怖い噂 VOL.8―世の中の”怪”を読み解くエンターテインメント・ミステリアス・マガジン (ミリオンムック)
(2011/01/12)
不明

商品詳細を見る
 
で、『怖い噂』に後味の悪い「聞き書き」を一本、書かせてもらいました。
黒さんと黒木さんも同テーマの実話を書かれておりますので、
なにげにFKBが揃っております第8号。
平山先生の写真もいっぱいありますぜひぜひ。

あそうだあと、今号のダ・ヴィンチで先生とじゅんちゃんが対談してました。
いよいよ発売の迫りました、単行本の記念対談でした。
平山先生の写真も載っています必読。


僕はもうたのしみでおられませんわ!!!!! ヒヒヒ!!!!

GANTZ/EXA (JUMP j BOOKS)GANTZ/EXA (JUMP j BOOKS)
(2011/01/19)
奥 浩哉、平山 夢明 他

商品詳細を見る


じゃあ、また!


 ※ ※ ※


追記:
 東雅夫さんが拙著をご紹介くださいました!
 興奮する!!!!! ありがとうございます!!!11

 【今日の一冊/15】異聞フラグメント 切断
 
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。