〈独白する三兄弟が超怖い〉
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
受賞!!!!
 
平山夢明先生の『ダイナー』が、

第13回大藪春彦賞を受賞されました!!



ダイナーダイナー
(2009/10/23)
平山 夢明

商品詳細を見る


第28回日本冒険小説協会大賞に続きまして、
平山ノワールの精髄がまた栄光を掴みました!!

先生、おめでとうございました!!
コメント
夢さん、おめでとう!
昨夜は嬉しかった!
1年前のことを思い出しながら、美酒に酔いました。今日あたりは各社からのお花と祝電攻勢でしょう?
あなたの友でいられたことを,、今こそ誇りに思います。本当におめでとうございます。
2011/01/29(土) 13:38:12 | URL | 樋口明雄 #gxODk0JI[ 編集 ]
ありがとうございました
樋口さん

思えば長いつきあいになりましたね。
一話でも多く、読者に喜んで貰える話を
仕上げようという誠実さと信念を教えて貰いました。

また、あなたは書き手の苦しみをあの頃から深く理解していらっしゃいましたね。それ故、必死になって精進するものには出来不出来を問わず温かく、自分の怠惰を言い訳や不誠実な作品でごまかそうとするものは嫌悪していらっしゃいました。あれがその後のぼくの指針のひとつになっています。

またあなたは報酬を独り占めすることはありませんでしたね。自分が編著者であるにもかかわらず新参者にも古参の者にも正しく働いた分だけを分配してました。ぼくはフリーライター時代、上の人は何もしていなくても〈上前をはねる〉ばかりを体験していましたので、あなたのやり方には大変に驚き、また感銘を受けました。監修料すらあなたは受けとっていませんでしたよね。当時、貧乏のドン底だったぼくと家族にとっては、あれがなによりもありがたかったですし、本当の意味で書き手を、そして仲間を愛してくれているのだなと感じました。
思えば苦しいことの多い怪談実話を長く続けていられるのは、当時のあなたから受けとった気持ちに今も応えようとしているのかもしれません。

ぼくにとっても、あなたに逢えたことは最大の喜びであります。今後とも、よき仲間でいられるよう、精進します。このたびはありがとうございました。
2011/01/30(日) 11:35:28 | URL | ゆめ #m/q2iJYU[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。